体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「圧倒的にアキバ的」 秋葉原ナンバーワンの”萌え美少女”が決定

グランプリに輝いた「ちう」さん

 秋葉原ナンバーワンの萌え美少女を決定する第2回「萌えクィーンコンテスト」決勝大会が、2012年1月7日に東京・秋葉原で開催された。予選を勝ち抜いた13名が歌・ダンスや、瓦割りや一輪車など各自の得意技を披露した。見事グランプリに輝いた「ちう」さんは「かなり嬉しい」と涙ぐみながら喜びを表した。

 秋葉原にあるメイド喫茶などの”萌え系”の店では、2000人以上の女の子が働いているという。萌えクィーンコンテストは、この中からナンバーワンの”萌え美少女”を決定する大会だ。第2回目となる本大会は2011年7月1日から予選が始まり、ことしの1月7日に決勝戦が開かれた。

 第2回グランプリに選ばれたのは、秋葉原ガイド「ふらっとメイド」の「ちう」さん。「ちう」さんはグランプリ賞金10万円とCDデビューの権利を獲得した。「清純そうにみえるけど日本酒好きの中身オヤジキャラ」だという「ちう」さんは優勝決定後、

「かなり嬉しい。(前年行われた同大会から)2年間すごい頑張ってきて、皆も一緒に頑張ってくださった。本当にありがとうございました」

と涙ぐみながら喜びを表した。今回の優勝を狙うために、ライブイベントやインターネットTV番組に自ら売り込むなどの努力を重ねていたそうだ。

 大会の審査委員を務め、熱心なフィギュア収集家として知られる森永卓郎氏は、

「圧倒的にアキバ的なの。だからアキバのオタクの皆にも、心をくすぐるところでぶっちぎりストライクだった」

と「ちう」さんを賞賛するコメントを贈った。

【ニコニコ動画】第2回萌えクィーンコンテストグランプリ「ちう」さん【ニコニコ動画】第2回萌えクィーンコンテストグランプリ「ちう」さん

◇関連サイト
・[ニコニコ動画]第2回萌えクィーンコンテストグランプリ「ちう」さん
http://www.nicovideo.jp/watch/1325961830
・萌えクイーンコンテスト – オタポケWEB
http://www.otapoke.com/moe/queen/index.html/

(松本圭司)

【関連記事】
浄化運動の推進でアングラ化が進む風俗産業
「性に関わる仕事してるから伝わる」 蒼井そら、HIV検査の重要性訴える
エロの「バリア」を取り払え バリアフリーのピンク映画「エロバリ」
元AV社長がなりに聞く「モテるコツ」
必要なものがきちんと届く仕組みを ボランティアが見た避難所生活

ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。