体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

彼が私を好きになる… #近未来に恋をする

ネコが出てくる夢を見た。ただのネコじゃなかった。二足歩行をして、服も着ていた。

蝶ネクタイを付けた紳士的なネコが、スタスタと歩きながら、わたしに言った。

「このブレスレットをしている間、目が合った男性が、あなたのことを好きになります。ただし、3人までしか効果はありません」

なんとも変な夢だった。

でもどこかリアルで、不気味で、信じたくなる夢だった。そして驚くことに、翌朝、目が覚めると、わたしの腕にはブレスレットがしっかりとはめられていた。

――そんなことがあったとする。この世界に、ひとつだけ恋を手助けする未来のテクノロジーが存在したとする。それを貴方が手にしたら、どんな恋をするだろう。

この連載では、ライター・カツセマサヒコが、ひたすらありもしない「もしも」を考えていく。

Chapter 1 余裕じゃん、アイツと目が合えばいいんでしょ?

待って? あのネコの言っていることが本当だとしたら、このブレスレット、相当すごくない? 目が合ったら好きになってくれるって、余裕じゃん。

3人以内にアイツと目が合ったら、それだけでわたしのことを、好きになってくれるってことだよね?

気分が高揚した。

夢のなかの話だったのに、起きたら本当にブレスレットを付けていたのだ。少しメッキが剥がれて錆びているところもあるが、いかにも「それっぽい」雰囲気がある。あのネコが何者(何ネコ?)かはわからないけれど、「信じて」と言っていたし、信じられそうなキャラクターだった。

大丈夫、正直者は救われる。それがわたしの座右の銘だ。

ベッドから飛び起きて顔を洗うと、いちばん気に入っている仕事着に着替える。いつもより丁寧にメイクをして、髪にコテを通す。痛んだ毛先が少しだけ気になったが、切っているほど時間の余裕はない。支度を終えると、いつもより少し大きな歩幅で街へ繰り出す。

170127bracelet_katsuse_3.jpg

通勤にワクワクするのなんて、いつぶりだろう?

腕に付いたブレスレットを見るたび、今日起きるであろう出来事に胸が躍る。自然と口もとが緩み、自分の足音すら軽快なメロディに聴こえてくる。

「あの、すごくうれしそうですね」

突然、すれ違った男性から声をかけられた。30代も半ばだろうか。プレスがしっかりかかったスーツに本革のカバン。決してかっこいいと言えるわけではないが、整った顔立ちではあった。

「え、あ、ははは」

なぜか戸惑い気味に、愛想笑いを返した。

なにか、変だ。この人、じっとこっちを見つめてくる。いままで感じたことのない視線の理由に気付くまで、時間はかからなかった。

もしかして、目が合っちゃった…?

170127bracelet_katsuse_2.jpg

わたしは「すみません」と小さく伝えてから、小走りでその人から離れ、駅を目指す。走りながら頭のなかで、状況を整理する。

「待て待て待て? このブレス、そんなに強力なの…? こっちは覚えがなくても、物理的に目が合っちゃえばメロメロってこと? 危険すぎじゃん…。あの人どうしよう…」

さっそく3人のうちひとりに、能力を使ってしまった。それも、まったく見知らぬサラリーマン相手に。

「このままだとアイツに会う前に3回使い切っちゃうぞ…」

焦ったわたしは、視線を常に足もとに向け、できるだけ一点を見つめることに集中する。

Chapter 2 ごはん、少なめでお願いします

アイツとは、会社の食堂で初めて出会った。「大手」が付く電機メーカーのグループ会社で営業として働いているわたしは、ほかの女子同様、本社勤務で出世頭と言われているアイツのことが気にかかっていた。

これまで異性にアプローチなどしたことがなかったが、子会社の社員も使用可能なこの食堂にて、たまたまアイツが味噌汁をハデにこぼし、たまたま隣に座っていたわたしがそれを一身に浴びたのがきっかけだった。そこからアイツとは、世間話ぐらいはする関係になっている。

3つ年下で、男なのに「かっこいい」より「かわいい」が似合う。でもそれが、過酷な営業畑で働いているわたしには、癒しの対象にしか思えなかった。見ているだけで心が安らいでいくのを感じた。

1 2次のページ
グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。