体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

氷の絶景と奥久慈のしゃも

1月28日放送の「新・週刊フジテレビ批評」(フジテレビ系、午前05時00分~)では、冬場に凍結し、その姿から氷瀑とも呼ばれる「袋田の滝」を特集、フジテレビアナウンサーの久代萌美さんが「弥満喜」(茨城県久慈郡大子町)を訪れた。

滝全体が白く凍りつく「氷瀑」の絶景を楽しんだ後に訪れた同店は、奥久慈のしゃもを味わうことができる割烹料理店。ここでは「しゃも鍋」(2000円/税込み)をいただく。奥久慈のしゃもと野菜や豆腐を使った熱々の鍋は、冷えたからだを温めるのにぴったりだ。

さっそくメインのしゃもをパクリと食べた久代萌美さんは相好を崩して「ん~、美味しい!」とまず一言。つづけて「弾力が、いつも食べている鶏と全然違いますね! 身はあっさりしているんですけど、皮のところは脂がのってて…甘みがあって…」とコメント。さらにじっくりと味わいながら、「美味しい…美味しいなぁ、しゃも…しゃもいいなぁ」としみじみと感嘆した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:弥満喜(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:常陸大宮・大子のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:常陸大宮・大子×和食のお店一覧
濃厚なデミグラスソースと牛カツがたまらない!「かつめし」
熱々の瓦の上に茶そばを乗せたご当地グルメ「瓦そば」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。