体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

きゃりーぱみゅぱみゅ、24歳の誕生日に中田ヤスタカとSPライブを開催

中田ヤスタカ/きゃりーぱみゅぱみゅによるスプリット盤のリリースを記念して、きゃりーぱみゅぱみゅが24歳の誕生日を迎えた1月28日(土)に新木場agheHaで「ASOBINITE!!! -KYARY PAMYU PAMYU BIRTHDAY SPECIAL- YSTK×KPP CLUB EDITION」が開催された。
1月28日(土)@新木場agheHa (okmusic UP's)
この公演は2016年11月に東名阪3箇所のみで開催され、各地満員御礼となった中田ヤスタカ × きゃりーぱみゅぱみゅによるツーマンライブツアー「~SPECIAL DJ×LIVE ZEPP TOUR 2016~『YSTK×KPP』」のCLUB EDITIONとして、中田ヤスタカときゃりーぱみゅぱみゅによるスペシャルなライブセットが披露された。

2人のステージが始まる午前2時前からフロアは最高の盛り上がり。そして午前2時になり、この日のために特設されたステージのカーテンが開くと、観客の歓声とともに中田ヤスタカはCAPSULE 「Dancing Planet (remix feat. VERBAL) 」でステージに登場。続いてCapsule 「Hero」でオーディエンスのテンションをさらに高めていく。

そして、フロアのテンションが完全に高まったところで、赤いドレスに身をまとったきゃりーぱみゅぱみゅがステージに姿を現す。24歳最初の1曲は「CANDY CANDY 」。きゃりーぱみゅぱみゅ自身もフロアを煽り、もはや文句なしの盛り上がりだ。

それに続いてきゃりーぱみゅぱみゅは「NO NO NO」、中田ヤスタカの「Motor Force ft.KPP」でフロアとコールアンドレスポンスをしたりと、彼女自身もこの記念日を心から楽しんでいた。そして、「ポリポンポン

」「きらきらキラー」ではファンが手拍子をしたりタオルを回したりと、ライブが進むごとに会場の一体感は増していく一方だ。

「もんだいガール」を歌ったあと、MCへ。きゃりーぱみゅぱみゅの20歳へのカウントダウンパーティから5年連続で行なわれてきたこのバースデーパーティだが、中田ヤスタカは『24歳のお誕生日おめでとう! このパーティは毎年続けていきましょう!』と来年の開催への意欲を示していた。

そしてきゃりーぱみゅぱみゅは『24歳の抱負は、友達とファンを増やすことです! 私は結構控えめな性格をしているんですが、今年はもっと人と接するようにして、楽しい一年にしたい!』と、24歳としての抱負を語り、「にんじゃりばんばん」へ。その後、ファンの間で1.2を争うほどの人気曲、「チェリーボンボン」を披露。

続いて、中田ヤスタカ が手がけた映画『何者』のテーマソング「NANIMONO (feat. 米津玄師)」をプレイした後はきゃりーぱみゅぱみゅが「インベーダーインベーダー」「ファッションモンスター」を歌い、『今日は来てくれてありがとうございます! とても幸せです!』と、この日のために駆けつけたファンに感謝を伝えた。そして最後に1月18日にリリースされたきゃりーぱみゅぱみゅの最新曲「原宿いやほい」を披露し、ファンの大歓声に包まれながら2人はステージを去った。

きゃりーぱみゅぱみゅ24歳のバースデーパーティは、中田ヤスタカとのスペシャルなコラボステージを前に、フロアを埋め尽くしたファンの熱気に包まれた最高の一夜となった。早くも来年の開催を待ちわびつつ、引き続き2人の今後にも期待しよう!

Photo by 前田政宗

シングル「Crazy Crazy (feat. Charli XCX & Kyary Pamyu Pamyu) / 原宿いやほい」/中田ヤスタカ/きゃりーぱみゅぱみゅ
発売中

WPCL-12509/¥1,200+税

<収録内容>

01 中田ヤスタカ「Crazy Crazy (feat. Charli XCX & Kyary Pamyu Pamyu)」

02 中田ヤスタカ「Crazy Crazy (feat. Charli XCX & Kyary Pamyu Pamyu) -remix-」

03 きゃりーぱみゅぱみゅ「原宿いやほい」

04 きゃりーぱみゅぱみゅ「原宿いやほい -extended mix-」

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。