体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“閉塞性睡眠時無呼吸”をスマホアプリで診断!これなら専門機器や技術者不要、家庭で調査可能に

Ben-Gurion普段からイビキをかきやすい人にとって、“閉塞性睡眠時無呼吸(obstructive sleep apnea、OSA)”は気になる症状だろう。単にイビキが周囲にうるさいというだけでなく、身体の不調の原因となることもある。

ただ、自分が本当にOSA患者なのか調べようと思ったら、医療機関などにかかって、さまざまなセンサーで計測をおこない、ひと晩の睡眠状況を調査する必要がある。

患者の脳波、血中酸素濃度、心拍数、呼吸、眼球や脚の動きなどを記録し、それをもとに“睡眠ポリグラフ(polysomnography、PSG)”を完成させ、診断をおこなう。

・スマホアプリでお手軽に診断!

Ben-Gurion3通常、これには高価な装置や専門技術をもったスタッフが必要になるが、なんとこれをスマートフォンで手軽に診断できるようにしようというのが、イスラエルのBen-Gurion University of the Negevの研究チームが開発しているアプリだ。

スマートフォンアプリなので、患者が家庭で使えるのが大きなメリット。複雑なセンサーや装置は不要で、スマートフォンのマイクを用いて分析する。

・マイクで音声を録音して分析

起きているときと寝ているとき、両方の計測データが必要になる。まず、起きているときに、スマホマイクを使って自分の声を録音する。例えば、「“apple”の中の“A”」「“ear”の中の“E”」といった具合だ。

Ben-Gurion2次に寝ているときの呼吸音を録音し、分析をおこなうといった流れ。もちろん、PSGで計測できるすべてのパラメータを取得できるというわけではないが、OSA診断には十分な情報を取得可能だという。

というのも、テスト段階では、ラボと家庭両方で350件以上の実験がおこなわれ、アプリとPSG装置両方を並べて計測をおこなってみたところ、睡眠・覚醒活動、イビキの激しさ、OSAの計測といった“睡眠の質”の計測において、両者は似たような計測成果を上げたとのことだ。

開発チームのYaniv Zigel氏、Ariel Tarasiuk氏らによると、今後この技術を商業化していきたい意向。

Ben-Gurion University of the Negev

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。