体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

CMでおなじみのアリエル・ポールがライブ開催 犬のゼウスもシークレット・ゲストに登場

CMでおなじみのアリエル・ポールがライブ開催 犬のゼウスもシークレット・ゲストに登場

 2017年1月28日、東京・渋谷JZ Bratにて、Amazonプライム会員限定のアリエル・ポールのスペシャル・ライブが開催された。

アリエル・ポール ライブ写真

 犬のゼウスが登場するAmazonプライムのCMソング「You and Me」で、ここ日本でも一躍広く知られる存在となったアリエル・ポール。普段は米カルフォルニアでファッションやライフスタイルのブロガーとしても活躍するという彼女。その貴重な歌声を生で聴く機会とあり、会場には数万人の応募の中から選ばれた50組100名のリスナーが詰めかけた。

 ライブは1曲目「Sometimes」からスタート。この日のバンドはアリエルに加えてギター、ベース、チェロ、ピアノが加わった5人編成。2013年、アリエルのパーソナルな体験に際して書かれたという1曲で、早速、伸びやかな歌声を聴かせる。最初のMCパートでは、会場に駆け付けたアリエルの父親、アラン・ポール(マンハッタン・トランスファー)も紹介され、小規模な招待制ライブらしいアットホームな雰囲気でライブが進んだ。

 この日のライブでは、本日1月30日にリリースされたEP『EVERYDAY, EVERY WAY』からの新曲も披露。2曲目の表題曲「EVERYDAY, EVERY WAY」ではステージを左右に広く使い、観客一人ひとりに語りかけるようにパフォーマンス。チェロとコントラバスの弓弾きが織りなすアンサンブルが印象的だ。また、3曲目の「I KNOW」も新曲。こちらはリズムボックスを使ったアップテンポな一曲で、会場が手拍子に包まれた。

 曲間では司会の坂倉アコとのQ&Aを基にイベントが進行。AmazonプライムのCMに関わることになった経緯や、実際のCMを観たアリエルの感想等が語られた。犬のゼウスと俳優の吉田悟郎等が織りなす、Amazonプライムのユーモア溢れるCMについてアリエルは「映画的」と大絶賛。作品に関われた喜びを明かした。

 ライブの4曲目で、アリエルはテイラー・スウィフトの大ヒット曲「私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない(We Are Never Ever Getting Back Together)」をカヴァー。日本でもTV番組の挿入歌等でよく知られた1曲だが、アリエルはよりスローテンポでアコースティックな質感の高まった“大人のラブソング”として披露。アーティストとしての独自な世界観を感じる1曲となった。

 ここでバンドのメンバー紹介に続き、いよいよ「YOU AND ME」の披露……という場面で、スペシャル・ゲストが登場。同曲の作曲を手掛けた内山肇がギターとして演奏に参加することに。改めて6人編成で披露された「YOU AND ME」は、ギターとピアノのシンプルな伴奏に乗せたヴァース部と、全員の合奏が重なるコーラス部のダイナミクスによって曲の美しさが一層際立つ、と同時に、主役のアリエルの情感たっぷりな歌声が引き立つ1曲となった。待ちに待った1曲に会場からも大きな拍手が贈られ、この日のラスト・パフォーマンスを盛大に彩った。

 会場が拍手に包まれ、誰もがステージに気を取られているタイミングで、この日のサプライズ・ゲスト、吉田悟郎とゼウスが横から登場。これには観客もアリエルも呆気に取られた様子だった。吉田からは花束と同時に「僕の人生を変えてくれた一曲が聴けて感激した」という言葉が贈られ、アリエルも「私の人生も変えてくれたCM」と明かし、お互いを祝福しあった。最後は、アリエルやバンド・メンバー、ゼウスに吉田、そして観客も揃って、ゼウスがCMで着用したおなじみの“ライオンのタテガミ”を着けて記念撮影。アットホームで親密感に溢れる雰囲気の中、アリエルの歌声を堪能する贅沢なイベントだった。

◎イベント情報
【Amazonプライム会員限定 アリエル・ポール スペシャル・ライブ】
2017年1月28日(土)東京・渋谷JZ Brat<終了>

◎リリース情報
EP『EVERYDAY, EVERY WAY』
2017/01/30 RELEASE

関連記事リンク(外部サイト)

『関ジャム完全燃SHOW』松下奈緒があの朝ドラ主題歌を関ジャニ∞とセッション
指原莉乃「秋元康超えをします」と“ライバル宣言” 「声優アイドル」のプロデュ-スを発表
『1月30日はなんの日?』フィル・コリンズの誕生日、6月から待望のツアーもスタート

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。