体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『関ジャム完全燃SHOW』松下奈緒があの朝ドラ主題歌を関ジャニ∞とセッション

『関ジャム完全燃SHOW』松下奈緒があの朝ドラ主題歌を関ジャニ∞とセッション

 関ジャニ∞によるテレビ朝日の音楽バラエティ番組『関ジャム完全燃SHOW』が1月29日に放送、ゲストに松下奈緒が出演し、関ジャニ∞とセッションをおこなった。

 女優&ピアニストとして活躍する松下奈緒が関ジャニ∞との共演曲に選んだのは、2010年に松下がヒロインを務めたNHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』の主題歌として大ヒットを記録した、いきものがかりの「ありがとう」。関ジャニ∞のメンバーは錦戸と安田がボーカル&ギター、ベースに丸山、パーカッション横山と今回は4人がセッションに参加。松下による自身の書き下ろし楽曲「GRACE~princess rose~」のピアノ・ソロからセッションはスタートし、続いて披露された「ありがとう」は、ボーカル2人のハーモニーに松下のピアノが絡みあう優しくロマンティックなアレンジで歌われた。自身の楽曲はもちろん、番組セッションでも関ジャニ∞の男っぽさが際立つセッションが多いなか、今回のようなメロディアスな楽曲で見せる落ち着いた演奏はバンドとしての幅広さを感じさせてくれるもの。セッションはふたたび松下のピアノ・ソロで締めくくられたが、演奏を終えた松下はメンバーにむかって大きくうなずき、満面の笑顔。それに対し、関ジャニ∞のメンバーも優しく穏やかな笑顔で答える姿が印象的だった。まさに、その表情=セッションの充実度といえるだろう。

 また、スタジオトークでは人気企画『J-POP検定』として、松下がクラシックに関する豆知識やクイズを出題したほか、ミュージックビデオあるあるでブレイクを果たした岡崎体育がMVのトレンドに関するクイズを出題。また、最近はバラエティ番組での活躍も注目されているDJ KOOが、観客を盛り上げるDJテクを実演すると「カッコいい!」「スゴイ!」とスタジオは大盛り上がり。今回もまた、メンバーの知らないたくさんの音楽知識が飛び出した。

 次回の『関ジャム完全燃SHOW』は2017年2月5日放送、ゲストに高嶋ちさ子、彌勒忠史、新垣隆、清塚信也、も ふくちゃんの音大出身者が出演予定となっている。

◎番組情報
テレビ朝日『関ジャム 完全燃SHOW』
毎週日曜23:15~※一部地域を除く

関連記事リンク(外部サイト)

『関ジャム完全燃SHOW』年内最後の放送は渋谷、錦戸、丸山、大倉の4人によるビートルズ編成で「ヘルプ!」など名曲披露
『関ジャム完全燃SHOW』クリスマス直前、back numberとラブソングにおける問題を検証&あの名曲をセッション
『関ジャム完全燃SHOW』槇原敬之と冬の名曲セッション、お気に入り若手バンド解説も

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。