体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

パリっ子御用達!Bean to Bar「シャポン」のショコラを自宅で

フランスパリで30年、Bean to Barの先駆者「シャポン」が、1月27日(金)~2月3日(金)の期間限定[※発送は2月9日(木)~11日(土・祝)の間]でオンラインショップをオープン。

Bean to Barの醍醐味である産地別カカオ豆を使ったタブレットショコラのセットや、フランスパリ本店でも大人気の“腕時計”をモチーフにしたチョコレートが、自宅で、プレゼントとして楽しめる。

 

Bean to Barとは、カカオ豆を産地で厳選し、自社工場で加工、板チョコレートの製品まで作り出す、製造方法のこと。すべて手がけることで自らの思い描く味を作り出すことを実現。フランスの中では、シャポンのみがこの製法にこだわっている。

チョコのデザインも、ショコラティエであるパトリス・シャポン自らが行う。

「旅するショコラ=甘みセレクション=」4600円(税込)は、南国系のフルーツやベリー系などの甘みを感じ、粒子をなめらかにするコンチングがそれぞれ異なるため、口どけの違いも楽しめるセレクションだ。

「モントレ デザインショコラ 腕時計1本」2680円(税込)は、ビターショコラと、サクサクの食感を楽しめるプラリネが入ったショコラに、ホワイトチョコをコーティング。見た目華やかな腕時計型のデザインは贈り物にも最適。

シャポンは2017年1月から、東京・自由が丘にて、カフェを備えたブティックを営業中。カカオ本来の味わいが生きた、ハイセンスなシャポンのショコラを試してみよう。

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。