体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ミッション・インポッシブル新作も大好評! トム・クルーズの甘い魅力にメロメロになれるおすすめ主演作4選

120106TomCruise01.jpg

photo by Wikipedia
話題の映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』、もう観ましたか?

世界一高いビルの壁をよじ登る予告編を観るだけでもドキドキしてしまいましたが、本編は想像以上のハラハラ映画で見応え100点満点の仕上がりでした。

そして、なんと言ってもトム・クルーズ扮する主人公イーサン・ハントの手に汗にぎるアクションは必見。「手に汗にぎる」といいうのは比喩ではなく、実際に私、映画館の席に座りながら手のひらがしっとりとするほどアクションシーンに緊張してしまいました!

トム・クルーズ、御年49歳にして、あの身体、あのアクション、そしてあのスイートな笑顔にはもうメロメロにされてしまいます。世界中を虜にし続けているトム・クルーズですが、今日は彼の魅力をもっともっと堪能したい方に向けて、トムの魅力大爆発の作品を紹介します!
 

■ 『ミッション・インポッシブル』

120106TomCruise02.jpg

★シリーズの伝説はここから始まった…トムの原点ともなる作品

12月に公開された『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』はシリーズの第4作目。作品を存分に楽しみたいのならば、やっぱり第1作目は必見でしょう。

ストーリーやアクションシーンもつながっているので、最新作を楽しむための下地になるはず。若かりしスポーツ刈りのトム・クルーズには青年っぽい魅力たっぷり!

■ 『ザ・エージェント』

120106TomCruise03.jpg

★アカデミー賞主演男優賞にノミネート! 演技派トムを楽しめる作品

会社をクビにされたトム扮する主人公が逆境を乗り越えるサクセスストーリー映画です。

私が個人的にしびれたのは、トムが恋人に想いを打ち明ける台詞。「君が僕を完全にする」という言葉。2人の関係に紆余曲折あった末の台詞ですが、こんな台詞、私も言われたい!

トムのひたむきな姿と素敵な言葉にうっとりしてしまう作品です。

■ 『マグノリア』

120106TomCruise04.jpg

★意外にハマってる!? トムが異色の「セックス教祖役」に挑戦!

トムがモテたい男子達を啓蒙する「セックス教祖役」という奇想天外な役どころを演じて、アカデミー賞助演男優賞にノミネートされた作品です。

正統派の役どころが多いトムにして、こういう役は珍しいだけに貴重。

トムの「悪い魅力」も垣間見たい方におすすめ!

■ 『ナイト&デイ』 
” target=”_blank”>(公式サイト)

120106jobs05.jpg

★これぞトムの神髄!? 「謎めいていて、セクシーで、強い」3拍子そろった完璧なトム!

何者かに追われる「謎の男」を演じるトム。

上半身裸でジャングルを駆け回ったり、バイクや車でのスリルなカーチェイスがあったり、誰も止められない華麗なアクションを披露します。

キャメロンデイズ演じるヒロインがどんどん夢中になっていく姿に思わず共感! こんなに強くてかっこいいトムに私も守られたい! と妄想が膨らんでしまいます(笑)

他にも、日本の武士道をテーマにした『ラストサムライ』や、スピルバーグ監督作品『マイノリティーレポート』などもおすすめ。

トム・クルーズ、これからも映画界のトップスターとして活躍し続けて、ファンを魅了して欲しいものです。次回作も、今から待ち遠しい!

(ちびま・L子ちゃん)


(マイスピ)記事関連リンク

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。