体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

尾崎裕哉 1st EPは蔦谷好位置&いしわたり淳治プロデュース、リリース前に初ツアーも敢行

尾崎裕哉 1st EPは蔦谷好位置&いしわたり淳治プロデュース、リリース前に初ツアーも敢行

尾崎裕哉名義としては、初のフィジカルCD作品となるEP「LET FREEDOM RING」が3月22日にリリースされることが決定。また、ジャケット、収録内容なども同時に発表された。

EPには、サウンド・プロデューサーに”蔦谷好位置”、ワーズ・プロデューサーに”いしわたり淳治”という音楽シーンを牽引するトップ・プロデューサー2人をキャスティングし、万全のクリエイティブ体制で制作。

デジタル1stシングルとしてリリースし、iTunes6位、レコチョク4位を記録した「始まりの街」の蔦谷好位置によるリアレンジver.「始まりの街(Soul Feeling Mix)」を筆頭に、「サムデイ・スマイル」「27」「Stay by my Side」という3曲を加え、オリジナルソング全4曲を収録。

サウンド・プロダクションは、オルタナティブアプローチ、アコースティック、重厚なコーラスワーク、そして疾走感あるバンドサウンド。R&B/ブルーアイドソウル的なボーカルマナーもあれば、ラッパーのSALUがリリックを提供したラップ・パートもありと、グローバルな発想を持ったバイリンガルの音楽家らしい、狭いカテゴリーに縛られまいとする、次世代シンガーソングライターたる作品がここに完成した。

また、長きに渡ってあらゆるライブ現場で武者修行をしてきた彼らしく、アルバムを待たず早くも初ツアー「LETFREEDOM RING TOUR 2017」も敢行。

関口シンゴ、Kan Sano、Shingo Suzuki等、origami PRODUCTIONSの面々がツアーのサポートメンバーとして参加することも発表。2月26日の福岡公演を皮切りに、全国5ヶ所を縦断する。2月4日からチケットの一般販売もスタートする。

尾崎裕哉「LET FREEDOM RING」収録内容
1. サムデイ・スマイル
2. 27
3. 始まりの街(Soul Feeling Mix)
4. Stay by my Side

リリース情報

EP「LET FREEDOM RING」
2017年3月22日(水)発売
TFCC-89613 1,389円+税

ツアー情報
LET FREEDOM RING TOUR 2017
2017年2月26日(日)福岡・BEAT STATION
関口シンゴ(G)/ Shingo Suzuki(B)/ Kan Sano(KEY)/ 今村慎太郎(Dr)
2017年3月2日(木)大阪・BIGCAT
関口シンゴ(G)/ Shingo Suzuki(B)/ Kan Sano(KEY)/ 今村慎太郎(Dr)
2017年3月11日(土)東京・EX THEATER ROPPONGI
関口シンゴ(G)/ Sunapanng(B)/ 小林岳五郎(KEY)/ 杉山賢一郎(Dr)
2017年3月15日(水)愛知・ボトムライン
関口シンゴ(G)/ Shingo Suzuki(B)/ Kan Sano(KEY)/ 今村慎太郎(Dr)
2017年3月24日(金)新潟・新潟 LOTS
関口シンゴ(G)/ Sunapanng(B)/ 小林岳五郎(KEY)/ 杉山賢一郎(Dr)

関連リンク

尾崎裕哉 オフィシャルサイトhttp://www.hiroyaozaki.com/

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。