体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

一度の洗髪で筆ができそうなほどの抜け毛! 産後の髪の悩みを乗り切った工夫あれこれ

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

一人目を出産したとき、何にも知らなかったわたしは産後3ヶ月ころにふと気づいてしまった!

「あれ、最近髪の毛抜けるな~ぽろぽろ床に落ちたり、特にお風呂のときは多いなぁ~」

なんて思っていたのもつかの間。

最初は極細の筆くらいの量だったのが、あれよあれよとジェットコースターのように抜け始めていきました。

一番酷かったピークは産後5ヶ月あたり。お風呂の排水溝には一回の洗髪で中の筆くらいの量の抜け毛が!

もともと猫っ毛&少ない量の髪の毛は、前髪の生え際や分け目が気になるくらい抜けてしまいました。 関連記事:抜け毛がゴソッ…からの、白髪の群生!髪を襲う産後の変化にショックを隠せない by フクミー

当時20代前半で、友達は若々しく人生を楽しんでいる時期。

あまりのことに人に会いたくなくて、友達からのお誘いが来ても、なかなか外に出られずいました。

仕方なくお買い物に行くときなんかは、寒い時期だったので、帽子で隠したり。分け目が気になれば前髪をあげてみたり。あとは逆に全て束ねてまとめてしまっていました。

シャンプーも以前使っていた市販のシャンプーが怖くて使えなくなり、すこし高いけど、オーガニックで髪に少しでも優しい成分に変えました。

そんな憂鬱な日々が続いたある日。

嬉しい変化に気がつきました!

「あれ、前髪の生え際から小さな毛がはえてる~!」

それはそれはそれは嬉しくて、ガッツポーズ!

長い冬もいつかは終わって、必ず春がやってくるものなんです。感動!

そして洗髪で抜ける髪の毛も気づけば産前の量に戻っていて、髪質がすこしずつ改善されていきました。

これが、産後半年くらいのこと。

そこからは順調に新しい髪の毛がいろんな部分から時間差で生えてきて、産後2年くらいは短い毛がどこかしらにありました。

そして気づけば元どおりです。

と、嬉しい半面この生えてきた短い毛が意外と厄介もの。

ヘアスタイルにはかなり悩まされました。

もともと抜け毛が始まったときは、前髪はかきあげたスタイルのボブ。

分け目が気になって、前髪だけウザバングにして少しはふわっとボリュームが出るようにカット。

それでまぁまぁおさまっていました。

その時期猫っ毛で髪質が良くなくて、クセやうねりが出ていたせいか逆に程よくルーズな感じに仕上がっていました。

さて、そこからが問題。

新しく生えてきた通称ぴょん毛ちゃん。笑

まぁ~、おさまらない!分けようにも生え際からこんにちわ状態。

で、ついにウザバングだった前髪をばっさり短めにカット。

そうしたら完全にわからないわけではないけど、ぴょんぴょん出てきたぴょん毛ちゃんは奥の方にひっそりと隠すことができました。

短い毛が伸びるまでは下から持ち上がってくるのだけれど、、それでもおさまりはかなり良かったです。

これが一人目出産時のわたしの体験談。 関連記事:産休明けはファッションも「現役感」を取り戻したい!…ところが産後の抜け毛で髪がピンチ

二人目を出産して、現在6ヶ月。20代後半。

さすがに一人目も経験しているおかげで、心構えができていて、あーやっぱりきたきたという感じです。

ただ女性なのでわかってはいても、鏡の前に立って落ち込むことはあります。

でもいつかはおさまって、元に戻っていくもの。

焦っても生えてこないのだから、少しでも良い髪にするために出来ることを考えて、わたしは乗り切りました!

あと、最近は芸能人ママもものすごく早くから復帰していてテレビで見る機会が増えました。

そんな彼女たちの生え際をよくよく見てみたら、

あ!ぴょん毛ちゃん!

そんなときわたしは思います。

「あーやっぱりみんな一緒なんだなぁ」と。

わたしだけじゃなくこんなに綺麗な彼女たちも今現在、きっと同じ悩みを抱えているんだなぁと。

彼女たちの頑張る姿を見ていたら、わたしも悩んでばかりはいられないなぁと、励まされます。

笑顔の素敵な彼女たちのように、頑張ってみようと思う今日この頃です。

著者:ちゅらさん☆

海外ドラマを愛する29歳、2人の娘のママ。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

私は病気か?!なんじゃこの抜け毛の多さは
抜け毛の位置で印象が変わる…
産後の抜け毛はいつくるかわからない!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。