体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エンジニア&プログラマー必見! 完全食「COMP」は忙しい現代日本人の救世主となるか?

f:id:Meshi2_IB:20161228080512p:plain

完全食が世界を変える!?

Soylent(ソイレント)という、1日の栄養が取れるドリンクがアメリカにあるのはご存知だろうか? 粉末を水に溶かして飲むだけで1食分の栄養が摂取できるというコンセプトで、スタートアップの起業家やITエンジニア向けに作られたシリコンバレー発の完全栄養食だ。そして『日本経済新聞 電子版』によると現在売り上げは月数百万ドルと記されている。かなりの需要だ。ある種の「発明」といってもいいかもしれない。

プログラマーに関する記事を書く際に、このソイレントに関する記述をよく見かけていたせいか、以前から気になっていた筆者は、アメリカ在住の友人に買ってきてもらい約1カ月間ほど試してみた。当時は食生活自体を決して丁寧にはしていなかったが、筆者はソイレントを飲むことで、時間と手間を掛けずにほぼ良好な体調を保つことができた。

こんな便利なものをなぜ日本では販売しないのだろう? と思っていたところ、日本人によって作られた完全食「COMP(コンプ)」をネット上で発見。見たところ、ソイレントにかなり近いものだと思われる。

さっそく、開発者である株式会社コンプ代表取締役の鈴木優太氏に連絡を取り、「COMP」と食生活との新たな視点をうかがった。

※ちなみにこれは、報酬とかそういったものは一切もらっていません。あくまで筆者がソイレントのような完全食に興味があり取材を試みたもので、株式会社コンプさんによる返答、および公式見解によってインタビュー記事を構成しています。

ライフハック文化から誕生

f:id:Meshi2_IB:20161228080729j:plain

▲株式会社コンプ代表取締役の鈴木優太氏

── まず完全食「COMP」の開発の動機からお聞きしたいのですが

はい。私は仕事や趣味に没頭して時間を忘れることが多かったのですが、食生活を疎かにして栄養バランスも偏りがちで、よく体調を崩していました。世の中には、似た経験を持つ人々が少なからずいると思います。そんな人のために日常生活を効率化する「ライフハック食」として、やりたいことの集中時を妨げない食の知恵・工夫を突きつめて開発したのが、「COMP」でした。

しかし「COMP」を販売してみると、お客さんそれぞれのニーズをもっていて、自分の生活の「シチュエーション食」として「COMP」をうまくカスタマイズして取り入れている印象ですね。

── 「シチュエーション食」とは?

食事を楽しみたい時はちゃんと楽しみつつも、仕事などを頑張りたい時には手軽に完全栄養を「COMP」で補うというイメージです。エンジニア、クリエイター、医者、インドア趣味の人など、何かに熱中するあまり食生活が乱れ健康に危機意識を持ち始めたという人々に、「COMP」は「健康」と「目的達成」を両立するためのアシストになれればと。

f:id:Meshi2_IB:20161228080840j:plain

▲写真は国内最大級LANパーティー時にプロモーションを行ったときの様子

── なるほど

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。