体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

抱っこ紐が外れ、1ヶ月の息子が落下! 自分を責めて閉じこもる私を救ったのは…

f:id:akasugu:20160829164102p:plain

初めての子供である長男を出産し、無事に1カ月検診を終えて数日後。

まだ首の座らない息子と2人、慣れない車での外出でしたが、私は義母との待ち合わせ先に急いでいました。車のチャイルドシートから息子を下ろし、抱っこ紐で息子を抱えて数歩行った、その時です!

抱っこ紐のロックが甘かったため外れてしまい、突然息子が足元に落ちてしまったのです。

私は両手に荷物を持っていたため、息子をキャッチすることが出来ませんでした。

一瞬のことで、持っていた荷物を放り投げ息子を抱き抱えました。

息子は顔を真っ赤にして大泣きしました。息子の頭にはたんこぶが出来ていました。

「ごめんね、ごめんね」

と繰り返しながら、無我夢中で息子を病院に連れて行きました。どうか大事に至りませんようにと、何度も何度も祈らずにはいられませんでした。 関連記事:ちょっと目を離した隙に…。ソファーを乗り越え息子が落下!猛省の流血事件

病院の救急外来で医師から、

「頭の骨にヒビが入っているので、救急車で子供専門の総合病院に行きましょう」

と言われた時は、自分の頭をハンマーで殴られたようなショックを受けました。

思わず溢れ出る涙を止められずに、看護師に

「お母さん、息子さん心配ですよね。落ち着いてくださいね」

と励まされました。

息子は、転送先の小児総合病院のPICUという集中治療室に入院することになりました。

まだ生まれて1カ月の小さな身体に点滴を打たれ、何度も採血やレントゲン検査を受ける息子の姿や泣き声を聞く度に、私は胸が張り裂ける思いでした。

でも、お母さんは私しかいないから、息子と一緒に頑張らなければいけないと自分に言い聞かせていました。

数日後、息子は無事に退院することが出来、念のため定期的に外来に通院することになりました。

息子と2人で外出することがとても怖くなってしまい、家に閉じこもりがちになっていた私のもとへ、2カ月検診に備えて地域の保健師さんが訪ねて来てくれました。

その保健師さんに、今回のことを話すと、

「お母さん、とても怖い思いをされたんですね。でも、◯◯君(息子の名前)が無事に退院してお家に帰ってこられた事が何よりです。きっと◯◯君は”お母さん、驚かせてごめんね”って思っているはずです」

と言ってくれました。

私は毎日のように、息子にケガさせたことを申し訳なく思い自分を責めていました。退院してからも、息子の寝顔を見ながら1人で涙することも多かったです。

保健師さんの息子目線での言葉は、思いもつかないものでした。思いやりのある温かい言葉に、私の心はとても救われました。

私は、息子にケガをさせてしまうまでは、

「男の子だし、小さいうちは多少のケガや風邪は仕方ない」

と思っていました。

しかし、この時は私の不注意で息子に大きなケガをさせてしまい、入院させてしまいました。

この一件以来、息子が元気でいてくれることは決して当たり前なことではないと感じました。

初めての育児で戸惑うことも多いですが、息子が元気でいてくれるなら、それより他に大切なことはないんだと思うようになりました。 関連記事:みんなが「誰か見てくれてるはず」と思ってた。気の緩みが招いた息子の転落事故!

温かい言葉をかけてくれた保健師さんに感謝すると共に、息子が元気で育ってくれることを日々願うばかりです。

著者:とことんとん

自分の親元を離れて県外に嫁ぎ、初めての育児をしている0歳の男の子の母親です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

1歳3ヶ月の娘が果物ナイフの刃を握りしめて大号泣!全身の血の気が引いた話
生後3ヶ月の娘がベッドから落下!成長を感じ取る余裕がなかった私の反省点
CT撮る?撮らない? 赤ちゃんが高さ70cmのテーブルから落下、頭を打った!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。