体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「お笑い界一の被害者ですよ。早く解明したいです」

今回お話を伺ったのは、サンミュージック所属のお笑いコンビ「マンマーレ」のひろさん。高校時代に遭遇した不思議な体験をきっかけにして、金縛りにあうようになってしまったひろさんを襲う恐怖とは………!?もしも、オモプラッタ読者の皆様の中に、金縛りや除霊に詳しい方がいらっしゃいましたら、是非、編集部までご連絡下さい。

SONY DSC

―――ご自身が経験された不思議なお話について伺いたいと思います。
 

これは僕が高校ぐらいの時の話なんですけど、その日は学校が休みで、家に僕ひとりでいたんですよ。2階の自分の部屋で昼寝をしていまして。それで、3時ぐらいですかね、パッと目が覚めて「あー、よく寝たな」と思って、起きて、そのまま階段を降りて、下の部屋に行ってお茶を飲んだんですよ。

 

コップを手にとってお茶飲んだと思ったら、グーって感じで、急に、何ていうか、周りがばーっと歪んでいて、気が付いたらまた寝ていたんですよ。「あれ、寝ぼけてるのかな」と思って、もう一回起きて、下に降りるんですよ。また降りたら、また戻って、また寝てるんですよ。

 

これを本当に、ずっと、何10回くらい繰り返すんです。それをやるたびに体がだんだん重くなっていって、何回起きようとしても起きれないんですよ。

 

結局、最後に力づくで起きれた時には、夜になっていました。18時くらいになっていたんです。その時は頭がすっごい痛くて、体もだるい状態で階段を降りて、下まで降りてみたら、お茶を飲んだコップだけはあったんですよ。何か、多分、実際に起きれてはいたんですよ。でも、何回も戻ってしまったっていう………

 

―――夢遊病のようなものなのでしょうか?

 

寝ぼけてたにしろ、飲んでる形跡があるんだったら自分で動いた筈なんですけど、コップが置いてあるだけで、まったくそんなのなくって。恐ろしかったです。

 

―――意識としては瞬間的に移動しているんでしょうか?

そうなんですよ。

途中も色々あって、寝てても下から喋り声とかが聞こえるんですよ。誰もいないのに、家族の喋り声がする。「あれ、お母さん帰って来てんねや」って思ったんです。

 

―――けど、実際は帰ってない?

帰ってないんです。

だから帰るたびに視界がぐしゃぐしゃになってて。

 

―――その前後というか、お昼寝する前までは何をしていたんですか?

お昼寝する前は、学校は昼前まで、っていう状態で帰ってきたんで、別に特に変わったこともなく「熱でも出てたのかな」って思ったけど、別に何もなく。だから何かあるとしたら、脳的なものなのかな、というぐらい。

 

―――そういうことは、それ以降はもうなくなりましたか?

実は、それからです。

それからなんです。もともと全くなかったんですけど「金縛り」っていうのにあうようになりました。

 

―――それをきっかけに金縛りにあうようになった。

起きるかどうかはバラバラで、なるときもならないときもある。それまでは全くなかったんですけど、あの日を境に結構なるようになりましたね。

 

―――現在も?

今もありますね。

 

僕の地元は兵庫県だったんですけど、大阪で一人暮らしすることになりまして、「おばあちゃんの家に僕が一人で住む」っていう状態になったんですよ。その時が特にひどくて、なんかこう、仏壇にお祈りをするんですよ。「助けてくれ」って。お祈りしたらマシになるみたいな感じもありましたね。

 

―――ちなみに、金縛りにあっている間っていうのは、何かや誰かが見えてしまう、といったことはあるんですか?

それがもう、すっごくバラバラなんですよ。始まりはいつも一緒で「キンキンキン」っていう耳鳴りですね。あれが来たら、もう「金縛りにあう」って分かってしまって、その時にはもう動けないんですよ。

1 2次のページ
オモプラッタの記事一覧をみる
オモプラッタ

記者:

オモプラッタはポルトガル語で「肩甲骨」という意味。 芸人さんが華麗にはばたくための翼を支える肩甲骨でありたい。 それがオモプラッタの理念です。 オモプラッタ編集部は、プロの芸人さんたちが日々生み出している「オモシロ」のカケラを拾い集め、編集して、独自のコンテンツとして皆様にお届けしていきます。

ウェブサイト: http://www.omoplata.net/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。