体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

横浜中華街の老舗を紹介、絶品アサリ焼そばに注目!

横浜中華街の老舗を紹介、絶品アサリ焼そばに注目!
J-WAVEで放送中の番組「SMILE ON SUNDAY」(ナビゲーター:レイチェル・チャン)のワンコーナー「THERMOS SMILE LABO」。1月29日(日)のオンエアでは、中華街のオフィシャルサイトでライターを務める千谷文子さんに、横浜中華街にあるとっておきの老舗を教えていただきました。

■「広東料理 吉兆」
広東料理が味わえる老舗。家庭的な雰囲気で、一人で行っても入りやすいそうです。

「ラーメン一杯でも気軽にオーダーできるようなお店です。もっとも人気のあるメニューは、大粒のアサリがゴロゴロと乗っている『アサリそば』ですが、私は『アサリ焼そば』もおすすめします」(千谷さん、以下同)

ランチタイムは混むそうなので、千谷さんは時間をずらして14時〜15時頃に行っているそうです。

■「エル喫茶」
中華街の東門を入ったところにある老舗の喫茶店。

「二代目となる現オーナーの麻さんの祖父母、つまり初代オーナーのご両親にあたる方が、果樹園を営んでいたことから、名物は『南国フルーツ』です。お店はガラス張りなので、待ち合わせにも最適です。春節のパレードのときも人気ですね」

■「源豊行 本店」
およそ70年前に創業した中華食材の店。乾物をはじめ、調味料も充実しているそうです。中華食材といえば、美肌にも良いというキクラゲをよく使うらしいレイチェルも興味津々。

「家庭でも本格的な中華料理を楽しめるように、オリジナルの調味料を開発しています。四川省のピーシェンで作られている豆板醤を使うと、色の黒っぽい、本場の麻婆豆腐を作ることができます。回鍋肉のソースもおすすめです。店員さんが調理法も教えてくれますよ」

■「Bar NORGE(ノルゲ)」
44年前にオープンしたバーで、「NORGE」はノルウェーの意味です。お店の外にはノルウェーの国旗が飾ってあるため、レイチェルも気になっていたそうです。

「フルーツを使ったカクテルが得意なバーテンダーがいます。コーヒーが好きな人には、アイリッシュコーヒーもおすすめです。リーズナブルなお店で、女性一人でも入りやすいです」

いずれも昔ながらの雰囲気が味わえるお店です。みなさんもぜひ足を運んでみてください。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SMILE ON SUNDAY」
放送日時:毎週日曜 9時−13時
オフィシャルサイト: http://www.j-wave.co.jp/original/smileonsunday/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。