体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ゲーム批評】マニアックすぎてよくわからない「ココが最高なんだよ」シリーズ / ペルソナ4ゴールデン / PSVita

p4g

あまりにもマニアックすぎてよくわからない「このゲームはココが最高なんだよ!」を紹介していくこのコーナー。万人には理解できない部分に惚れ込み、ハマってしまった人たちに話を聞き、その良さを紹介していきます。

・世界一面白いPSvitaのゲーム
今回は、PSVitaで発売された人気ゲーム「ペルソナ4ゴールデン」(開発元: アトラス)。このゲームはもともと名作として知られていますし、なかには「世界一面白いPSvitaのゲーム」と絶賛している人までいます。はたして、どんなシーンが最高なのでしょうか。「ペルソナ4ゴールデン」の良さをマニアのXさんに語ってもらいました。

・ペルソナ4ゴールデンの良さ
「主人公が大衆食堂「愛家」で飯を食うシーンがあるのですが、主人公が微妙に猫背なんですよ。そのポーズが本当に好きで、シュールというか、味があるというか、リアルというか、たまらなく好きシーンなんです。特に好きなシチュエーションは、主人公が愛家でデカ盛りの料理を食おうとしたものの、結局残してしまったシーン。そのときの猫背な姿が、苦しさと脱力感をかもしてて、萌えとは違ったゾワゾワッとした感覚が腹の底から湧いてきます。たまりません! 無表情で、クリッとした目をしているのも猫背の魅力に拍車をかけていますね。ちなみに、ほかのシーンでも主人公は座っているときは猫背なんですが、愛家のシチュエーションが心にジワジワ響きます」

確かに、言葉で説明されてもピンとこないマニアックさだ。そのシーン、皆さんはどうお思いだろうか。

p4g2

・学園ライフと冒険の物語
ゲームのストーリーは、ペルソナと呼ばれる能力を宿した高校生たちが、学園ライフを堪能しつつ怪事件を解決していく物語。本格的な冒険バトルを楽しませつつ、学園モノのシミュレーションゲーム(またはアドベンチャーゲーム)を遊んでいるかのような感覚は、従来のRPGの常識を覆すほどの魅力を秘めている。

・PSVitaだけの新要素
「ペルソナ4ゴールデン」はプレステーション2で発売された同作品のパワーアップ版で、PSVitaだけの新要素が豊富に含まれており、すでにPS2でプレイした人たちからの評価がすこぶる高い。また、新作「ペルソナ5」の爆発的ヒットは今作のクオリティが高かったのが理由とも言われている。

もっと詳しく読む: マニアックすぎてよくわからない「ココが最高なんだよ!」シリーズ / ペルソナ4ゴールデン / PSVita(バズプラス Buzz Plus) http://buzz-plus.com/article/2017/01/29/shin-megami-tensei-persona-4/

ペルソナ4 ゴールデン
開発: アトラス
機種: PSVita
価格: 3980円
公式サイト: http://p-atlus.jp/p4g/old/
(C)ATLUS (C)SEGA All rights reserved.

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。