体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東洋占星術をもとにした毎週の占い。1/30-2/5の運勢をチェック!

kyamera

毎日をより楽しくハッピーなものにするために、キラが東洋占星術をもとにアドバイスします。

fortune reading KIRA(http://twitter.com/kineko8

photo Kyozan Ueda

あなたの星の出し方

 
まず、生まれた年の西暦の各数字を、1から10のいずれかになるまで足してください。
次に、11からその数字を引いて出た数があなたの星のナンバーです。

例1976年生まれの場合

1+9+7+6=23

2+3=5

11-5=6

1976年生まれの人のナンバーは6になります。

ただし、1月1日から2月の節分までに生まれた人は前の年の星になります。例えば1976年1月18日生まれの人は1975年生まれとして計算してください。

  1/30-2/5の運勢

1・水の星の人
1月の全体運 強運月です。勢いも感じられて、やる気もむくむくと湧いてきそうです。周りにいる人たちと足並みを揃えることで、更なるレベルアップも期待できそうです。
幸運を招く方角 東
ご利益フード  天ぷら

今週の運勢(1/30~2/5)
今、持っている能力をフルに発揮できるタイミングです。パワフルな運気が味方をしてくれて、少々難しいことでも乗り越えられそう。忙しさに目が回ることもあるかもしれませんが、短気は損気。イライラしたとしても、ここはグッと堪えるのが正解です。揉めごとを避けて、踏ん張ることで、キャリアアップやステージアップにつながる予感です。
1日はラッキーデー。人と人とのつながりから「縁」を感じることができそう。また、メールや電話の頻度を増やしてみるなど、あなたの方から意思疎通を積極的に図ることで相手の考えをより知ることができるほか、お互いの理解度も増しそうです。

2・大地の星の人
1月の全体運 社交運が良く、娯楽に関する事柄に縁のある月です。おのずと「遊び」に比重を置きやすくなりそうですが、オン・オフのバランスやメリハリを大切にしたいです。
幸運を招く方角 南東
ご利益フード  焼き鳥

今週の運勢(1/30~2/5)
食べたり、飲んだりすることで、エネルギーをチャージできるタイミングです。また、そういったシーンにおいて、魅力的な異性と出会う可能性も高くなっている様子。もしも、いいなと思う人を見つけたら、「多くを語り過ぎない」ようにしてください。相手との距離を縮めるには、話し上手よりも、聞き上手を意識する方が効果的のようです。
30日はラッキーデー。人気運が上昇中。パーティやイベント、飲み会など人が多く集まるところにお出かけすることをオススメします。2日はコミュニケーション能力が高くなっている様子。もっと親しくなりたいと思っている人がいるのならば、あなたの方からお誘いしてみるなど、わかりやすい意思表示をするのが良さそうです。

3・雷の星の人
1月の全体運 「変化」もしくは「入れ替え」のようなことが起こりやすい月です。それは、自分自身はもちろん、身近な人を取り巻く環境に関することかもしれませんし、心の中に起こるのかもしれません。
幸運を招く方角 なし
ご利益フード  数の子

今週の運勢(1/30~2/5)
チャレンジ精神や冒険心が顔を出しそうなタイミングです。自分自身を変えたい!変わりたい!と思うこともありそうです。また、引っ越しをしようかと思ったり、仕事を変えたくなったりすることもあるかもしれません。けれども、今は現状を維持するのがベターな様子。まずは詳しい情報を集めましょう。プランを練ったり、あたためる程度にとどめておいて、実際に実行するのはもう少しあとにするのが良さそうです。
1日はラッキーデー。大物運のある日。「自分なんか」といったネガティブな考えは封印。自信に溢れた態度や堂々とした振る舞いがチャンスにつながりそうです。4日はステイタスの高い人と縁がありそうです。エレガントな装いでお出かけしましょう。

4・風の星の人
1月の全体運 華やかなことを求めたくなる月です。実際に、人前に出たり、注目されるような機会もありそうです。気持ちの切り替えや、感情のコントロールを大切にしたいです。
幸運を招く方角 西北
ご利益フード  お赤飯

1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。