体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「重ね着臭」にご用心! 見落としがちな冬のデオドラント対策も忘れずに

111227kasanegi01.jpg

寒~い外から暖かい屋内に入り、はーやれやれとコートを脱いだ瞬間むわっと漂う汗の匂い「重ね着臭」と言うらしいです(日本テレビ系列『世界一受けたい授業』より)。
飲み会の席でも、出勤直後のオフィスでも、しばらく誰も近くに寄らないで! と念じずにはいられません。
カラダ全体で発汗する夏と違い、冬は手や足の裏、脇など局所に汗が集中してしまいます。
また、冬はニットや重ね着など防寒を主に考えるため、通気性が悪くなってしまうもの。そんな条件が集まって「重ね着臭」に。
 
重ね着臭を防ぐ方法としては

【1】暖かい室内に入る前に上着を脱ぐ

建物に入る前にコートを脱ぎ、エレベーター待ちでマフラーを外す、の順番であれば寒さを辛抱しないで体温調整が出来そうですね。

【2】高タンパクのものをあまり食べない

「豆腐、まぐろの赤身、鶏のささみなどは低カロリーでも高タンパクなので注意しましょう」とのこと。良質の栄養価なのに……。あちらを立てればこちらが立たずな健康法はよくあることですね。健康を取るか、女子力を取るか。

【3】濡れたタオルなどで脇汗を拭く

「ニオイ分子は濡れたもので拭き取ると落ちる」らしいので、それで簡単に処理出来るなら大変助かります。夏の制汗シートまだ残ってるかも…と家の中を見回してしまいました。
これからどんどん寒くなってしまうので、冬汗をかきやすくなってしまいそうです。個人的にはあえて汗の出る場所に香水、それもパルファムを微量つけて冬汗とブレンドさせると、コート脱いだ時にフェティッシュな匂いが花開いてエロいと思うのですが、香水の付け方でやっちゃイカン場所らしいので強くすすめません。
上記の脇汗対策ついでに、匂いを抑えるボディケアとしては「柿渋石けん」「ジャムウソープ」がオススメ。
柿渋石けんは、柿渋が持つタンニンが臭いの原因を洗い流し、ジャムウソープは東南アジア系のハーバル石けんで、汗の臭いはもちろん、女性特有のニオイもさっぱり洗い流し、使い続けていればついでに乳輪や性器の黒ずみ除去にもよいとか。
そして大掃除ついでに夏に使い切れなかった制汗グッズをひっぱり出せば一石二鳥ですね。
photo by Thinkstock/Getty Images
世界一受けたい授業柿渋石けん通販ナビピュア☆ラ☆バリ
(スピたま)


(マイスピ)記事関連リンク
冷え取り効果も期待できる! 自然の甘み「ラカンカスティック」を持ち歩こう
街路樹や観葉植物、猫からも!? 身近なものから得られる「気」を意識して生活してみよう
こたつを活用した体位で新年の抱負と愛を囁いてみませんか

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。