体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ミラーに映らずに追走する白バイ取り締まりテク

ミラーに映らずに追走する白バイ取り締まりテク

交通取り締まりを行う警察車両の中でも、最も危険度が高いといわれているのが白バイです。白バイ隊員は、交通の流れやドライバーの心理を読みながら、違反車両の後方の死角から忍び寄るのが常套手段。ミラーに映らずに追走する白バイ取り締まりテクニックを見ていきましょう。

白バイは違反車両を見つけるテク

白バイはまず違反車両を見つけるテクニックがあります。白バイが取り締まりで狙うのは、信号が少なく見晴らしがよい場所。スピードを出しやすい橋の側道で待機して、向かってくるクルマから目星をつけると本線に合流します。

大型トラックの前に潜んで、追い抜くクルマを待つというのも白バイのテクニックの1つ。また、遅いクルマが作る交通の流れの悪さを利用して、先頭に回ってイライラしたドライバーが追い越すのを待つこともあります。

白バイの取り締まりテクニックの本領が発揮されるのはこのあと。スピード違反の取り締まりは赤灯を点けて追尾します。スピードの測定には約7秒必要なので、そのあいだに気づかれないようにしなければなりません。

白バイはミラーの死角に潜り込む

白バイは、まずサイドミラーに映らない車の斜め後ろを追走。そして、信号などでドライバーが気をとられている間に、今度はルームミラーとサイドミラーに映らない死角に潜り込むのです。

ここで赤灯を点灯させてスピードを測定。追走されていることにまったく気づいていないドライバーは、速度違反を確認した白バイが鳴らすサイレンで、初めてその存在を認識するわけです。

交通の流れを利用して身を潜める白バイは、違反車両を確認するとミラーに映ることなく背後に迫ってきます。そんなことができるのも、専門の訓練によって鍛え上げられたドライブ技術があるからこそなのです。

関連記事リンク(外部サイト)

駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。