体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

高値安定が続いたフィアット 500ツインエア、ついに「100万円台前半」が常識に!

▲2気筒0.9Lの「ツインエア」に関してはなかなか相場が下がらなかったフィアット 500ですが、ここへきてようやくお手頃ゾーンへと近づいてきた模様です!

▲2気筒0.9Lの「ツインエア」に関してはなかなか相場が下がらなかったフィアット 500ですが、ここへきてようやくお手頃ゾーンへと近づいてきた模様です!

確実に下がってきた相場。しかも故障などのネガ要因はほぼなし

ポップで可愛らしいデザインから万人に人気で、そして意外とパンチの利いた走りも楽しめるということで、ディープな車好き男性からも愛されているフィアット 500。ただ、人気車だけに中古車相場はなかなか下がらず、なかでも一番パンチの利いた走りが堪能できるツインエア系(2気筒の0.9Lエンジン搭載車)は長らく高値安定状態が続いていました。具体的には、新車価格215万円だった10~12年式ツインエアポップが、中古になっても150万~180万円……みたいな。

しかしここへきてついに、人気のツインエア系もグッと安くなってきたことにお気づきでしょうか? これまでの相場は前述のとおり10~12年式ツインエアが150万~180万円ぐらいでしたが、現在はおおむね110万~140万円でも十分探せるようになったのです。それもボロめの過走行車ではなく、走行距離せいぜい1万kmから4万kmぐらいのものが、です。

中古車相場が安くなるというのは「ネガティブな要因」とセットになっている場合もあるものです。例えば、走行距離が増えてくるとトランスミッションの故障が妙に多くなるとか、エンジンの特定のシリンダーに焼き付きが起こる……なんてことが発覚した車種は、いくら走行距離少なめの個体でも相場はガンガン下がります。そういった車種を安く買っても、絶対ではありませんが、後で多額の修理代がかかる場合もままありますので、いくら安くてもあまりオススメはできません。

しかし、フィアット 500ツインエアの場合は特にネガな要因は報告されておらず、セミATの「デュアロジック」についても壊れやすいということはない模様。もちろん、年に一度か2年に一度の定期点検すら受けていないような個体だと話は別ですが、ごく普通レベルに丁寧に維持されてきた個体で、極端に過走行でさえなければ、基本的にはフツーに平和に維持できるはずです。

▲1957年に登場した往年のフィアット 500を現代的なスタイルで蘇らせた3ドアハッチバック。搭載エンジンは1.2または1.4Lの4気筒と、0.9Lの2気筒ツインエアエンジン

▲1957年に登場した往年のフィアット 500を現代的なスタイルで蘇らせた3ドアハッチバック。搭載エンジンは1.2または1.4Lの4気筒と、0.9Lの2気筒ツインエアエンジン

▲インテリアの色味はボディカラーや豊富に存在する各グレードによって異なりますが、ポップでありながら大人の鑑賞眼にも耐えるデザイン性の高さは全車共通。写真は左ハンドル+MTの本国仕様

▲インテリアの色味はボディカラーや豊富に存在する各グレードによって異なりますが、ポップでありながら大人の鑑賞眼にも耐えるデザイン性の高さは全車共通。写真は左ハンドル+MTの本国仕様

さらなる下落も考えられるが、「旬」を考えれば先延ばしはしたくない

ではなぜ安くなったのかといえば、大きくは16年1月に行われたビッグマイナーチェンジの影響と、あとは単純に「年月がたったことで、高値相場を維持させるだけの神通力がやや失せたから」ということでしょう。

フィアット 500ツインエアに限らず「やたら高値安定状態が続く車種」というのがたまにありますが、そういった車種だって10年も20年も高値が続くわけではありません。あるタイミングで、やはり安値へと転じるのです。10年に登場したフィアット 500ツインエアについては、それがたまたま16年末頃から17年初めだった、ということです。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。