体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【今週の“誰得”映画】『琉神マブヤー THE MOVIE 七つのマブイ』

琉神マブヤー

毎週新しく封切りされる映画はナント約30本! 話題の大作映画から、女子が大好きラブコメディまで様々なタイプの作品がズラっと公開されます。そんな中で「こんな映画あったんだ…まさに誰得!」というトンデモ映画を毎週1本紹介していきます。

今週の“誰得”映画は『琉神マブヤー THE MOVIE 七つのマブイ』。2008年に琉球放送で放映された沖縄発の特撮ヒーローの劇場版。元のドラマの出来はなかなかで、その安っぽい面白さが魅力的。けれど、映画にする必要って本当にあったの?

主演は、モデル山田優さんの弟でタレントの山田親太朗さん。山田さん演じる、ヒーローに憧れる主人公ウルマに琉球を守るヒーロー「琉神マブヤー」の魂が宿り、現代の琉神マブヤーになってしまうという物語。

劇場版では、悪の軍団「マジムン」が沖縄の大切な7つの魂(マブイ)を次々と奪っていくという事件が発生。沖縄中が混乱に巻き込まる中、ウルマは仲間のサイオンらとともに戦い、無事にマブイを取り戻すのだが、事件はあっさりとは終わってくれず……。

沖縄の美しい景色を背景に、シーサーやハブをイメージしたスーツに身を包んだヒーローがアクションする姿はシュール。ゆったりとした沖縄弁もここぞという時に緊張感が無く、それはそれでクセになります。

常に何かと話題にのぼる地方ローカルキャラクターの中でも、映画化までこぎつけたキャラクターはそうそういないでしょう。周りの皆が『ミッション:インポッシブル』や『リアル・スティール』を観にいく中、あえて『琉神マブヤー THE MOVIE 七つのマブイ』を観にいくっていうのも、ある意味“オイシイ”かも?

また、仲間由紀恵、ゴリ、スリムクラブ・真栄田、ISSAなど沖縄出身有名人のカメオ出演も豪華。沖縄の気候の様に暖かくゆったりとしたこの映画で、正月ボケをさらに加速させてみるのもアリかもしれませんよ。

琉神マブヤー THE MOVIE 七つのマブイ – 公式サイト

※画像は『琉神マブヤー THE MOVIE 七つのマブイ』公式サイトより引用。

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。