体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

タピオカミルクティー誕生の店!台湾「春水堂創始店」でレトロなティータイム

台湾といえば、タピオカミルクティー。いまや日本でもあちこちで見かけるほど身近な存在となりました。

タピオカミルクティーが、いつ、どこで生まれたのかご存じでしょうか。タピオカミルクティーを生んだのは台湾・台中発の「春水堂」。まさに、タピオカミルクティー誕生の舞台となった「春水堂 創始店」をレポートします。

タピオカミルクティーは春水堂から

タピオカミルクティー誕生の舞台!台湾・台中「春水堂 創始店」でレトロなティータイムを
タピオカミルクティーを生んだのは、1983年創業の「春水堂」。東京や福岡など、日本にも進出し、高い人気を集めている台湾茶カフェです。

伝統的なお茶文化の継承に力を入れると同時に、台湾で初めてカクテルシェーカーを使ってアイスティーを淹れるなど、時代に合わせた革新的なメニューを開発してきました。

タピオカミルクティー誕生の舞台!台湾・台中「春水堂 創始店」でレトロなティータイムを
タピオカミルクティーが誕生したのは1987年のこと。濃厚なミルクティーに、ローカルフードのタピオカを加えたタピオカミルクティーは、当時画期的な発明でした。絶妙のコラボレーションが人気を呼び、台湾を代表するドリンクとして、海を超え、世界に広がったのです。

(次のページに続く)

台湾・台中「春水堂 創始店」

タピオカミルクティー誕生の舞台!台湾・台中「春水堂 創始店」でレトロなティータイムを
台湾中部の都市・台中。ここに春水堂の第一号店である「春水堂 創始店」があります。木の味わいを大切にした伝統的な茶芸館のような店構えはなんともノスタルジック。

タピオカミルクティー誕生の舞台!台湾・台中「春水堂 創始店」でレトロなティータイムを
お店の入口には、この店舗がタピオカミルクティー発祥の店である旨と、春水堂が創業された1983年の年号が刻まれていて、「タピオカミルクティーの元祖」としての誇りが感じられます。

タピオカミルクティー誕生の舞台!台湾・台中「春水堂 創始店」でレトロなティータイムを
タピオカミルクティー誕生の舞台!台湾・台中「春水堂 創始店」でレトロなティータイムを
水が流れ、花が生けられた店内は、東洋の美が感じられる空間。

「春水堂 創始店」は、台中駅から徒歩圏内ですが、繁華街や観光エリアからはやや離れているので、周辺はとても静か。有名店でありながら、お客さんは意外にも地元の人がほとんどのようで、台中っ子から支持されていることがうかがえます。

(次のページに続く)

ジョッキで味わうこだわりのタピオカミルクティー

タピオカミルクティー誕生の舞台!台湾・台中「春水堂 創始店」でレトロなティータイムを
春水堂に来たら、やはりタピオカミルクティーを注文しないわけにはいきません。タピオカミルクティーには、SサイズとMサイズがあり、Sサイズは330ml、Mサイズはなんと660ml。ジョッキサイズです。ジョッキでタピオカミルクティーが飲めるなんて、タピオカミルクティーファンにとっては夢のよう。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。