体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【海外通販体験記】『Suprella Pro』Facebookで話題のドイツ製”逆転の発想”傘を海外サイトで直接注文!

Facebook中心に、逆に閉じることによって服に水滴がつかない、自立する、車の乗降時に便利と人気を博していた逆転の発想傘『Suprella Pro』。未だに少し不安を感じる海外通販で入手にチャレンジしてみた。さて、無事に届くのか。

逆に閉じて、自立するデザイン性の高い傘を手にいれたい、たとえ海外サイトだろうと!

ドイツ・ベルリンのスタートアップ企業・SUPRELLA社(ドイツ)が生み出した、逆に閉じることのできるアイデア傘が『Suprella Pro』(ブラック/ブルー・ドイツ製・約520g・全長約80cm/親骨の長さ60cm/使用時直径110cm・購入価格 税込5,227円※59.98ドル・発売中)


とはいえ、逆に閉じるという特徴を持つ傘はこれが初めてではない。おたナビでも以前紹介した日本製で税抜34,000円もする「GAX umbrella」もその一つだし、他にもいくつか存在する。

 
あわせて読みたい:クルマの乗り降り専用の傘『GAX(ギャックス)umbrella』が登場! 特許取得の開閉機構は一見の価値!

 

基本構造は二枚布を使っているところは共通しているが、『Suprella Pro』の方は、工業デザイン大国ドイツならではのデザイン性の高さと、自立するというところが大きな違い。この製品を見つけて、公式サイトの動画を見たときに、欲しくなったその動機は、手の届く価格帯であることとデザイン。

気がつけばいつの間にか、しれっとAmazonにSUPRELLA公式ストアをオープンしていて驚いたが、昨年見つけた時にはなかった。それで、勢い余って海外通販に挑戦してしまったという流れ。海外通販も今では珍しくなくなっては来たが、まだ抵抗と不安を感じて、実践していない人もいると思う。それでせっかくなので、海外通販体験ドキュメントと合わせて、レポートしたい。

 

まずは海外通販の基礎知識をおさらい

基本的にネットショッピングというものは実店舗を確認できず、疑えばきりがないものなので、Amazonや楽天市場などの有名サイト及びモールを使う人が多いと思う。

 

海外通販というのは、日本国内でも信用していいかわからないネットショップなのに、それが世界レベルに拡大したものなのだから、不安や抵抗があるのも当たり前といえば当たり前。特にサイトにクレジットカード情報を入力するとなると、さらに不安は無限大である。

 

記者はそれでも基本的にチャレンジャーなので、今までいろいろ海外通販に挑戦して来た。今のところ幸運にも、海外通販でモノが届かないだとか、違うものが届いたなどのトラブルの経験はない。ただそれは記者が単にラッキーだっただけかもしれないので、カード情報漏洩が不安な場合は対応サイトなら決済代行サービス「PayPal(ペイパル)」を使うという手もある。


「PayPal(ペイパル)」に無料登録して、IDとパスワードを設定、それで決済すれば通販サイトにカード情報を隠すことができるので安全性が高いというわけだ。品物が届かない時などに決済をストップするプロテクション機能もあるので、不穏なサイトで買い物をする場合に非常に役に立つ。手数料もかからない。

1 2 3 4次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。