体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

20~30代の男性に人気の習い事はコレだ! 2016年度 人気おケイコランキング  

20~30代の男性に人気の習い事はコレだ! 2016年度 人気おケイコランキング   f:id:keimanahensyu:20170127104834j:plain

講座・レッスンの資料請求・予約ができるサイト『ケイコとマナブ.net 』(企画・運営:株式会社リクルートマーケティングパートナーズ)は、全国の20~34歳の働く男女1036人を対象に「学び事・習い事」についての調査を実施いたしました。

果たしてどのような結果になったのでしょうか。

今回は、今年5回目となった「20歳~34歳 男性」に人気の習い事についてレポートします!

~この1年間にやった学び事・習い事~

TOP3は昨年と同じく「英語」「簿記」「ファイナンシャルプランナー」

その他「宅地建物取引士」「税理士」など法律・会計系の国家資格が順位を上げた

「英語」「簿記」はともに5年連続で1位・2位をキープし、対前年比では回答率もUPさせています。3位は昨年に続き「ファイナンシャルプランナー」となりました。

また、回答率・順位ともに上げているのが、「宅地建物取引士」(回答率1.2ptアップ、15年6位→16年4位)、「税理士」(2.5ptアップ、27位→9位)、「社会保険労務士」(0.6ptアップ、16位→11位)、「司法書士」(1.5ptアップ、49位→20位)、「公認会計士」(0.4ptアップ、41位→30位)といった、法律・会計関連の国家資格。長期間の学習が必要な難関資格であるため、将来を見据えた学習を開始した男性が増えたことがうかがえます。

昨年は国内での自然災害や欧米での大きな社会変動が相次いだため、将来にわたっての安定性を求めて専門性の強い学びを実施したのではないかと考察しています。

f:id:keimanahensyu:20170126205642p:plain

*1

~学び事・習い事の実施目的~

実施目的は「仕事のため」が1位で全体の4割以上。

「教養・知識を深めるため」「将来に備えるため」も昨年よりUP

この1年間で実施した学び事・習い事について、男性にも女性と同じ選択肢でその実施目的を聞いてみました。1位は「仕事のため」と女性とは大きく異なりますが、 前年の傾向との変化をみてみると「将来に備えるため」「就職・転職のため」「独立・起業のため」といった将来の準備に関する項目が回答率をアップさせる傾向となっており、女性と同じく、社会の変動に備える目的が増えています。

一方、「プライベートを充実させるため」という目的や、昨年ポイントが上昇していた「ストレス発散・気分転換のため」は回答率を落としました。

「実施した習い事」で長期間の学習が必要になる国家資格関連の学び事がポイントを上げていたことからも、2016年の男性の学び事・習い事は、仕事や雇用の安定性を目指すものが増える傾向にあったといえます。

f:id:keimanahensyu:20170126210236p:plain

~今後やってみたい学び事・習い事~

1位は男性も女性同様「英語」ながら、回答率は低下

「ファイナンシャルプランナー」「SE・プログラマ」 など、仕事系が順位UP

1 2次のページ
ケイマナニュース!の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。