体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ネバヤン安部 「かっこいい大人」にあの人物を挙げる

ネバヤン安部 「かっこいい大人」にあの人物を挙げる
J-WAVEで放送中の番組「ZOO ZOO ZOO」。この番組では写真家・奥山由之と、never young beachのフロントマン・安部勇磨がゆるいカルチャートークをお送りしています。1月27日(金)のオンエアは、ゲストに安部のバンドメンバー、never young beachのドラマー・スズケンこと、鈴木健人さんをお迎えして、「かっこいい大人」について語り合いました。

まず、安部からの「『こんなことできる大人かっこいい』っていう大人いる?」という質問に、奥山自身は、たまに後悔することがあるのだとか。「人と話してて、マスクしてると『風邪なの?』とか言うじゃん?『風邪なんですよ』って言われて、そこで次の違う話をしちゃったりするわけ、俺は。そこで一言、『お大事に』とか言えばいいじゃん? それ言えないときあるのよね」(奥山)とのこと。そんなときに「自分はまだ子どもだな」と思うそうなのですが、確かに、さらっとさりげない気遣いの一言を言える人は、かっこいい大人ですよね。

一方、安部は「目を見て話せる人」を「かっこいい大人」と思えるそうで、「大人でもいない? 目を見て話さない人、ちょっと逸らしがちな人」と続けたのですが、「あぁ…。けど俺、逸らしがちだからなぁ。今のところ、スズケンとは2回くらいしか…(目を合わせていない)」と正直に話した奥山。それには鈴木さんも思わず苦笑いでした(笑)。

そんな鈴木さんは「物事を自分の責任でできる人」を挙げ、これには2人も賛同。ここで安部から「かっこいい大人」だと思う具体的な人物名が。「長岡亮介さん。ペトローズの。(中略)音楽も素敵だし、ギターもかっこいいし、車とかも。やっぱり“男のロマン”を全部集めたような」と安部。しかし、「安部ちゃんが長岡さんみたいになったら、ちょっと俺、イヤかもなぁ」と奥山。なぜなのでしょう(笑)。

さらに、かっこいい大人のイメージとして「文句を言っていない人が多い」と安部は話し出したのですが、奥山から「安部ちゃんは信じられないくらい、人の悪口を言ってる」という暴露が(笑)。さずがにそれは大げさな表現だったようで、奥山いわく「たまに」、しかも、「どこかでその人を本気で憎んでいない気がする」と感じて、安部の悪口は聞いていてもイヤでないそうです。

続いて、話は「悪口」から「イヤなこと」へ。実は安部は、文句などイヤなことを話す相手は、奥山やバンドメンバーなど、ごく一部に限られるようで、「おんなじ物を作る人には、そういうのを共有しときたいんだよね」と安部。本気で一緒にものを作りたい人とは、その「線引き」をきちんとしておきたいそうです。

これを受けて奥山も、「好きなことが合うよりも、イヤなことが合う方が共感度高くない? 『あれが許せないよね』っていうのが共感できる方が、長く友情が続くことない? 必ずしもそれだけじゃないけど…」と持論を語りましたが、みなさんはいかがですか?

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「ZOO ZOO ZOO」
放送日時:毎週金曜 25時30分−26時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/dc2/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。