体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ヴァシリーサのパフュームスティックに2つの香りが仲間入り

01285

練り香水「ヴァシリーサ パフュームスティック」に、2月11日、2つの香りが仲間入りする。

2013年に、モデル・タレントとして活躍するローラの初プロデュースブランドとして誕生した「ヴァシリーサ」。古代ギリシャ語で女王/王妃を意味する「basilisa」からインスパイアされたブランド名には、優雅で気品あるライフスタイルイメージを込め、ローラ自身が愛してやまないエレガントなテイストを軸に、香水とボディミスト、パフュームスティックを展開。「Precious time, Precious scent」というコンセプトのもと、纏った人が幸せを感じるような、ハイセンスでアクセントの効いた香りをリリースしている。

01286

パフュームスティックは、練り香水をリップのようなスティック型にしたアイテム。香水やボディミストがアルコールの揮発で香りを広げるのに対して、練り香水はエッセンシャルオイルとワックス類、油脂 類を混合させてつくった、固形タイプの香水。アルコール未使用で、液体の香水よりも穏やかに香るのも特徴だ。スティック型にすることでリップのように繰り出してつけられ、つける際にネイルの間に入ったり、ベタつくことなく、ストレスフリーで使え便利。

01287

今回仲間入りする2つの香りは、「オリバー」と「フィオナ」。
クールで優しい照れ屋さん“オリバー”は、ジューシーなピーチをフリージアが優しく包み込むソフトなフルーティフローラル。
夢を叶えるフェアリーテール“フィオナ”は、きゅんとするチェリーとほんのり甘いマシュマロのロマンティックなスウィートグルマン。
既存の3つの香り同様、発売と同時に品薄必至なので、発売日早々にチェックするのがおすすめ。

ヴァシリーサ
■パフュームスティック オリバー/フィオナ 各1,500円+税
2017年2月11日発売

公式サイト
http://www.fits-japan.com/vasilisa/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。