体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

失恋したら、旅に出るべき10の理由

失恋したら、旅に出るべき10の理由

何日も引きこもったり、何時間も友だちに話を聞いてもらったり、どんな人でも失恋をすると深く傷つきます。自分では立ち直ったと思っていても、意外と感情は複雑なもの。気持ちを整理させるためには、少しの努力と時間が必要です。

そんな失恋から早く立ち直るためには旅に出るべき、と語るのは「Elite Daily」のライターJessica Wendroffさん。旅は、まるで生まれ変わったように気持ちをスッキリさせてくれる効果が期待できますよ。

01.
迷いに迷って
本当の自分を見つける

失恋したら、旅に出るべき10の理由

旅行の計画を立てるのは、とてもいい気分転換になります。観光地やアクティビティについて調べているだけでも、気がまぎれるでしょう。

目的地に辿り着くまでは、道に迷ったりと困難なことがたくさんあります。でも、乗り越えたあと、「自分は何でもできる」という自信が生まれてくるはず。女性の場合は、自分が意外とたくましいことに気づくかもしれないし、男性の場合は、自分の根っこにあるストイックさを見つけ出せるかもしれません。

旅は、男女問わず、精神的に強くさせてくれます。

02.
旅で得た達成感が
あなたを強くする

新しいことにチャレンジしたり、見たことのない場所へ行ったり、食べたことのないものを食べたりと、地図さえあれば無敵になった気分になれます。

自分に自信が持てなくなったら、ひとりで何でもできたことを思い出しましょう。

03.
旅は、心の傷への
絆創膏みたいなもの

傷を癒そうと家に引きこもっていたときに感じたモヤモヤも、10倍くらいマシに感じられます。それに海外でひとり旅を経験すれば、心の傷も何か意味のあるものだったと思えるはず。

新しい土地では恐怖を感じることも多いかもしれませんが、とても早く自立することができます。そして、海外だけでなく、どんな環境に置かれても、どんなことでも、自信を持ってやり遂げることができるようになるはずです。

04.
たくさんの出会いがある

失恋したら、旅に出るべき10の理由

旅先で出会う人たちは、きっとあなたと同じか似たような感性で、ひとり旅をしているはず。

ほとんどの人が、あなたにも優しく接してくれるでしょう。彼らの存在が、自分はひとりぼっちではない、ということに気づかせてくれます。心を開いていれば、出会った友人の数は驚くほどになるでしょう。ただし、なかには危険な人もいるかもしれません。ちゃんと見極めて、安全には気を付けましょう。

05.
新しい目線で
世界を見ることができる

すべてのことに感謝の気持ちを持つと、今までにはなかった新しい世界が見えてきます。そうすると、気づかなかったことにも気づけるはず。

空を見上げてみてください。雲がどんな形をしているか、今までのあなたは気づいていましたか?

06.
強制的に圏外に出ることで
平穏な時間が持てる

パスポートは、ミュートボタンだと考えてみてください。旅行をすると他の人の意見に影響される心配もありませんし、交友関係について見つめ直すいい機会にもなります。だから、別れた恋人に連絡をしてしまうこともないし、なによりも、話したくなる衝動が抑えられます。

失恋した直後は、前の恋人からメールを受信するときに感じた依存的なドーパミンのような感覚を、恋しく思うかもしれません。でも、旅先では携帯を機内モードにしておくことで、気にしなくて済むようになるでしょう。

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。