体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ワン・トゥー・テン、車椅子マラソンをリアルな車体とVR映像で疑似体験できる「CYBER WHEEL」を開発

ワン・トゥー・テン・ホールディングスは 1 月 28 日、障害者スポーツの中でも花形と言われる車椅子マラソンをリアルな車体と VR 映像で疑似体験できる「CYBER WHEEL」を開発したと発表しました。CYBER WHEEL は車椅子を利用したトラック競技、マラソン、ロードレースなどの普及促進とトレーニングを目的に開発された VR デバイスで、車椅子の操作と VR 映像が連動し、その場にいながら最高速度 60km/h と言われる車椅子マラソンのスピードを体験することができるとされています。ユーザーは CYBER WHEEL に乗車し、付属の VR ヘッドセットを装着。車体上で前傾姿勢になりコントローラーになった車輪のハンドリムを回転させると VR 映像の中で前に進むことができます。CYBER WHEEL では 5 つのステージを駆け抜けるタイムトライヤルややトップアスリートのレーススピードを体験することができます。車体は車椅子メーカーのミキより「SPEED KING」の提供を受け、このモデルを参考にオリジナルデザインで製作されています。今回は CYBER WHEEL の開発が発表されただけで、導入施設や発売情報は公開されていません。Source : PR Times

■関連記事
Android版「Shazam」にビジュアルShazam機能が追加、Android 7.1.1のアプリショートカットに対応
FlashFire v0.55がリリース、Google Pixelをサポート
LG Watch StyleはリストバンドにMODEを使用か? プレス画像が流出

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。