体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コワモテな機動隊だけじゃない警備部の仕事とは

コワモテな機動隊だけじゃない警備部の仕事とは

2020年、東京五輪を控える日本では、テロ対策の警戒・警備の強化が急務です。各都道府県の警備部では現在、最新装備を導入するなど特に力を入れているといいます。コワモテな機動隊も警備部の所属ではありますが、けっして力自慢だけの組織ではありません。詳しく見ていきましょう。

機動隊は警察組織の中でも最大規模

事件を未然に防ぐ使命を負う警察組織が「警備部」です。警視庁の場合、「警備第一課」「警備第二課」「災害対策課」「警護課」「警衛課」「機動隊」で構成されています。

そんな警備部の中における、執行部隊が機動隊です。機動隊は各本部に1隊は編成されており、最も多いのが警視庁の10個隊(特科車両隊を含む)。機動隊は警察組織の中でも最大規模の警察官が配属されています。

実際、警視庁での機動隊の在籍数は約3,000人で、これは三重県警全警察官に相当する人数です。つまり、それだけ機動隊の任務は警備活動の中でも最重要だということを意味しています。

機動隊の任務は治安警備と災害警備

そんな機動隊の任務は、大きく2つ。1つは治安警備であり、もう1つは災害警備です。治安警備とはテロ対策やデモへの対処、暴徒の鎮圧といったものから、イベントなどの雑踏警備も含まれます。災害警備は、大規模な自然災害や事故・遭難の救助活動などのことです。

近年、警備部はますます注目を浴びています。その理由は、2020年に控えた「東京オリンピック」と「テロ対策」です。海外から多くの旅行者が日本を訪れ、それと同時にテロの危険性も上昇しています。

そのため、SATはもちろん、「銃器対策部隊」「爆発物処理部隊」や化学・生物兵器に対応する「NBC対策部隊」が設けられました。また、自衛隊とも連携して銃の取り扱いや狙撃などの訓練も行われているといいます。

関連記事リンク(外部サイト)

駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。