体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

忍びよる“老眼”は若者にもリスクが 目に悪影響を及ぼすNG行動

忍びよる“老眼”は若者にもリスクが 目に悪影響を及ぼすNG行動
最近、近くのものが見えづらくなったり、目が疲れやすくなったりしていませんか。もしかしたら老眼が進行しているかもしれません。

近年のスマホやパソコンの普及によって、若い方にもリスクがある老眼はどのように防いでいけばよいでしょうか。

今回は眼科医の岡先生に老眼の概要や、症状を進行させるNG行動、注意すべきセルフチェック項目などを解説していただきました。

老眼とは

忍びよる“老眼”は若者にもリスクが 目に悪影響を及ぼすNG行動
加齢により近くにピントを合わせるのが困難になることを老眼(老視)と言います。

近くを見る時は水晶体の厚さを変化させることによりピントを合わせますが、加齢により水晶体の弾力性が低下し硬くなると水晶体を厚くできなかったり、水晶体の厚みを変える毛様体筋が衰えるため、ピント合わせが難しくなり老眼が起こります。

40歳前後から始まり、近視の人は見かけ上老眼の症状が出るのが遅いですが、逆に視力がいい人、遠視の人は早くから症状が出やすい傾向にあります。
 

若者に増えているスマホ老眼

忍びよる“老眼”は若者にもリスクが 目に悪影響を及ぼすNG行動
20~30代の若者に増えている「スマホ老眼」があります。 老化とは違い、長時間スマホを近距離で見続けるため毛様体筋が凝り固まって、ピント調節ができなくなった調節緊張です。

目に悪影響を及ぼすNG行動

20代~30代

忍びよる“老眼”は若者にもリスクが 目に悪影響を及ぼすNG行動
■ スマホの距離が近い

■ 長時間スマホ見続ける

■ 猫背などの悪い姿勢

■ 画面が明るすぎる

■ 夜遅くまでスマホを使用する

40代以上

忍びよる“老眼”は若者にもリスクが 目に悪影響を及ぼすNG行動
■ 近くが見えないにもかかわらず老眼鏡なしで無理に近くを見続ける

■ 既製品の自分の目に合っていない老眼鏡を使用する

■ 自分の老眼鏡でも度数が合わなくなっているものを使用する

■ 照明が明るすぎる、暗すぎる

老眼が変化した場合懸念される疾患

忍びよる“老眼”は若者にもリスクが 目に悪影響を及ぼすNG行動

白内障

目の水晶体が白く濁り、視界がくすんできます。

老眼が軽くなった場合、核白内障が進行しているケースが考えられます。

緑内障

眼圧の上昇によって視神経が障害され、視野が欠けてしまいます。

老眼が進行すると、見ようとする部分の視野が狭くなるなどの症状が出ます。

加齢性黄斑変性症

眼球の脈絡膜という組織から新生血管が生じ、網膜のうち黄斑と呼ばれる部位が正常に働かなくなる症状です。

見ようとする文字が歪むなど症状が出ます。

眼底浮腫

網膜の中央にある黄斑部に液がたまり、発生した浮腫によって視力に影響が出る病気のことを指します。

見かけ上の老眼が進行することがあります。

眼科での老眼検査、治療

忍びよる“老眼”は若者にもリスクが 目に悪影響を及ぼすNG行動
1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。