体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

宮根誠司、隠し子報道について「ミヤネ屋」で謝罪

 隠し子がいることを『女性セブン』(2012年1月6日発売)に報じられたフリーアナウンサーの宮根誠司さんは1月6日午後、自身が司会を務める『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)の冒頭で「大変お騒がせ致しまして、すいませんでした」と謝罪した。

 6日午後放送『情報ライブ ミヤネ屋』の冒頭、宮根さんは「まずは年明け早々なんですが、私どものことで世間の皆様、大変お騒がせいたしまして申し訳ございませんでした」と頭を下げた上で、

「『女性セブン』さんで報じられた私どもの記事はすべて事実です。その記事をご覧になりまして、『宮根には失望した。がっかりした』と言われる方が大変たくさんいらっしゃると思いますが、また心を新たに皆様の期待・信頼に少しでも応えられるように一から頑張っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。大変お騒がせ致しまして、すいませんでした」

と述べ、再び頭を深く下げた。さらに宮根さんは番組のコメンテーターに対しても「皆さん、すいませんでした」と謝罪。これを受けてコメンテーターのガダルカナル・タカさんは「いずれじっくり私がパネルでしゃべります」と笑いを誘った。重ねて宮根さんは「また、心を入れ替えてやりたいと思いますので、今年もよろしくお願い致します」と視聴者に向けて頭を下げた。

◇関連サイト
・情報ライブ ミヤネ屋 – 公式サイト
http://www.ytv.co.jp/miyaneya/

(山下真史)

【関連記事】
「不倫は20代で卒業しとけ」 岡本夏生(46)がボディコン姿でアドバイス
「僕含め公人にプライバシーない」 雑誌『噂の眞相』元副編集長が語る「野良犬ジャーナリズム」全文(後編)
麻木久仁子さんの中傷書き込みでプロバイダーに情報開示命令
不倫暴露されたジャーナリスト・山路徹「大桃さんに対して”残酷な沈黙”をしてしまった」
「不倫暴露」大桃美代子が記者会見「ツイッターで迷惑かけてしまった」

ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会