体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「避けゲー」と「高速シューティング」が融合した『Missileman』 スマホ向けに1月31日配信

1月27日、インディーゲーム開発サークル『Game or Die』は、スマートフォン/タブレット向けとなるiOS用ゲーム『Missileman』を2017年1月31日にリリースすると発表した。


『Missileman』公式ページ

『Missileman』は、ミサイルに乗った男を操り戦う、2Dの高速スクロールシューティングゲーム。狭い渓谷での空中戦を描いた「デススターの戦い」にインスパイアされているという。
mm_ss_001

特徴的なゲームシステムとしては、従来のシューティングゲームのようにショットを連射出来ないため、慎重に狙って1機づつ撃ち落とす「シューティング」と、高速スクロールする壁を避ける「避けゲー」が融合したような独特なデザインが挙げられる。

迫り来る敵を撃ち落とすことで溜まっていく経験値を稼ぎ、3種類のパラメータと24種類のスキルを組み合わせてミサイルをアップグレードさせることで、遊ぶたびに自動生成される4ワールド全16ステージの攻略を目指していく。各ワールドの最後にはボスも待ち受けている。

本作『Missileman』は、同サークルが作る初めてのオリジナルタイトルとなっており、2016年3月に開発を開始、PC/Mac版のリリースも検討しているとのこと。

mm_ss_005
 
mm_ss_003
 
筆者はTwitter上に投稿された本作の動画から伺えるゲーム性に引かれ、インディゲームの展示会「Bitsummit」にて、本作の試遊版をプレイした。高速で動き続ける自機や現れる敵というスピード感のある展開とは裏腹に、一度の攻撃で発射できるのは、狙いすましたミサイルたった一発のみ。そのギャップから生まれるほどよい緊張感が楽しかった作品だ。

なお、本作は同人ゲームイベント「デジゲー博」にも出展されており、もぐらゲームスにて出展バージョンでのレビューを行っている。レビューを抜粋すると、このゲームの面白さは「当たった」ことを褒めてくれるシステムが搭載されていることにある。

mm_ss_004
 
まず、連続して敵を倒していくとカウントされる「コンボ」。ミサイルを外さずに当て続けることで経験値が多く得られるため、早くアップグレードをすることができるわけだ。また、アップグレードのひとつである「援護ミサイル」も、ミサイルが敵にヒットした際に追加で小型ミサイルが自動発射されるというシステムだ。

「コンボ」と「援護ミサイル」、この2つのシステムがミサイルをうまくヒットさせられた際の報酬となっており、ミサイルを当てる気持ちよさが大幅に増幅されている。

イベント出展の時点でもプレイフィールが絶妙だった本作、月末についにリリースされるとのことで、ぜひ遊んでみてはいかがだろうか。

(関連記事)
デジゲー博で見つけたおすすめ同人・インディゲーム12選

[基本情報]
タイトル:『Missileman』
料金:360円(売切り)
ジャンル:シューティング
レーティング:Ages 9+
対応OS:iOS

関連記事:

時間をあやつるパズル型スマホシューティングゲーム『TIME LOCKER』 iOSに続きAndroid版が配信
スマホ向けノベルゲーム『ghostpia』の超水道、クラウドファンディング目標を早々に達成。引き続き追加支援も
無料スマホゲーム『TrapMania』。新宿ダンジョンの作者が送る「死ぬたびに強くなる」ゲームとは?

もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。