体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

冨田勲、遺作『ドクター・コッペリウス』世界初演を収録したライヴアルバムをリリース

2016年5月5日に逝去した作曲家・シンセサイザー・アーティスト、冨田勲の遺作『ドクター・コッペリウス』の世界初演をライヴ収録したアルバムが、3月22日に日本コロムビアより発売されることが決定した。
「ドクター・コッペリウス」ライヴ写真 (c)Crypton Future Media, INC. www.piapro.net(okmusic UP's)
2016年11月11日・12日に渋谷のBunkamuraオーチャードホールで冨田の追悼特別公演として開催された『ドクター・コッペリウス』は、冨田が他界前に上演を夢見て、亡くなる1時間前まで創作を続けてきたまさに遺言ともいえる舞台作品。

冨田が長年追い求めてきた「宇宙への夢と希望」に満ち溢れた壮大なストーリーが、オーケストラとシンセサイザー、そして冨田の遺したオリジナルのエレクトロニックサウンド、さらにバレエと3DCGを伴いながら展開。終演後は大きな歓声と鳴り止まない拍手で幕を閉じた。

同公演をライヴレコーディングした本作品では、冨田の遺した電子音とオーケストラサウンド、そして初音ミクの歌が三位一体となった、これまでにない音楽の全貌が改めて明らかになる。

さらに、1月29日(日)の23:00より、NHK BSプレミアムで『ドクター・コッペリウス featuring 初音ミク~冨田勲 追悼コンサート~』と題し、『ドクター・コッペリウス』の全編が放送される予定だ。

また、YouTubeで『ドクター・コッペリウス』の本編ダイジェストが公開された。こちらでは製作ドキュメンタリー映像とともに『ドクター・コッペリウス』の世界観を楽しむことができる。ぜひチェックしてほしい。

(C) Crypton Future Media, INC. www.piapro.net

Photo by Yasuhiro Ohara

■『ドクター・コッペリウス』オフィシャルサイト

http://www.dr-coppelius.com/

スペース・バレエ・シンフォニー『ドクター・コッペリウス』ダイジェスト映像
https://www.youtube.com/watch?v=jQlZ-lRWqAk

冨田勲×初音ミク『ドクター・コッペリウス』製作ドキュメンタリー映像
https://www.youtube.com/watch?v=y7jcfVo9QeE&feature=youtu.be

アルバム『ドクター・コッペリウス DR.COPPELIUS』
2017年3月22日発売

COCQ-85337/¥3,240(税込)

<収録曲>

2016年11月11日・12日

Bunkamuraオーチャードホール(ライヴ録音)

・第0楽章 飛翔する生命体 Ascending Life Form

・第3楽章 宇宙へ Into The Outer Space

ヴィラ=ロボス作曲 「ブラジル風バッハ」第7番に基づく

・第4楽章 惑星イトカワにて Landing on The Asteroid 25143 Itokawa

レオ・ドリーブ作曲 「コッペリア」ワルツに基づく

・第5楽章 嘆きの歌 Song of Grief

ヴィラ=ロボス作曲 「ブラジル風バッハ」第4番に基づく

・第6楽章 時の終わり End of The Time

リヒャルト・ワーグナー作曲 「トリスタンとイゾルデ」愛の死に基づく

・第7楽章 日の出 Rise of The Planet 9

指揮:渡邊一正

バーチャル・シンガー:初音ミク

エレクトロニクス:ことぶき光

管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団

「ドクター・コッペリウス featuring 初音ミク~冨田勲 追悼コンサート~」
放送局日時:NHK BSプレミアム

23:00~24:00

出演:風間無限、初音ミク、秋山桃子、和中和央、佐々木三夏バレエアカデミー、渡邊一正、東京フィルハーモニー交響楽団、ことぶき光,氏家克典、高橋ドレミ

ナレーション:笠間淳

http://www4.nhk.or.jp/P4302/x/2017-01-29/10/2279/2547100/

「ドクター・コッペリウス」ロゴ (okmusic UP's)
冨田勲 (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。