体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2016年日本映画市場の興行収入額、邦画のヒットによって前年比8%上昇

shin-godzilla-3-e1475149077207

2016年の日本の映画市場における総興行収入額は、前年比で8%上昇した。一般社団法人日本映画製作者連盟(映連)が発表した最新データによると、総興行収入額は2360億円だった。

北米の110億ドル、中国の66億ドルに次ぐ、世界3位の映画市場となった。

主な要因は、邦画のアニメ映画『君の名は。』と映画『シン・ゴジラ』のヒットによるものだ。2015年の興行収入は2170億円だった。これまでの最も高い興行収入を記録したのは、映画『アバター』がヒットした2010年だった。

2016年の観客動員数は1億8000万人。1974年以来、最大の動員数となった。2015年の観客動員数は1億6700万人だった。

2016年の興行収入トップは、海外で過去最高の興行収入を記録した『君の名は。』の2億9000ドル。2位は1億250万ドルを記録した映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で、ハリウッド作品の中ではトップとなった。3位は7200万ドルを記録した『シン・ゴジラ』だ。

日本の映画市場における邦画のシェアは 63.1%となり、2015年の55%より向上した。これは、1969年の64%に次ぐ大きな数字である。映画公開本数は1149本で、2015年の1136本よりも増え、うち邦画の本数は昨年の581本から610本に増えた。スクリーン数は2015年の3437面から3472面に増加している。

Variety Japanの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。