体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1歳で初めての発熱。連日続く高熱でも病院を受診させたくない医者夫

f:id:akasuguope01:20160927121255j:plain

子どもが初めてを出したのは1歳を過ぎた頃でした。

しかし、ウイルスがまん延している小児科へ軽い症状の子どもを連れていく方がリスクが高いと思うので、ただの風邪なら出来るだけ受診はさせたくない。というのが私の考えでした。熱は40度まで上がりましたが、解熱剤は家にあったので、座薬を使用し自宅で様子をみることにしました。

夜、夫が帰宅し状況を話すと「大丈夫、大丈夫。子どもは結構な高熱を出すんだし、ただの風邪だよ」と。医者である夫からこの言葉が聞けて、ホッとしました。この日は木曜日、週末は三連休でしたがまだ急いで受診するタイミングではないと判断しました。

金曜日。座薬を使うと一時的に熱は下がりますが、すぐに40度まで上昇の繰り返しで、1日に使用して良い座薬の回数も超えてしまいました。座薬も残り少なくなっていたので、「週末の三連休もあることだし、一度小児科に連れていってみようかな」と夫に話すと、

「たかが熱くらいで風邪がまん延している小児科に行く必要ないよ。熱が出たくらいで受診するなんて、医者の子どもとして恥だね!絶対に行ったらだめ!」と強く言われてしまったのです。

「え~!そんなに怒る!?」と思いながらも、主人の考えもわかるし、まだまだ私の中で明日くらいにはスッと熱も下がるだろうという思いがあったので、渋々受診は諦めました。

土曜日も状況は変わらず、夫の気も変わりませんでした。 関連記事:医学的知識が豊富なドクターパパ。頼れる存在ではあるけど、正直ちょっと鬱陶しい…

「明日こそは熱も下がり始めるはず!」そう信じて迎えた日曜日。座薬はついに底をつき薬に頼れなくなると、体温計は見たこともない値を示しており、「こんな数値が出るのか!」と自分の目を疑いました。

ここまでくると「熱性けいれんを起こすんじゃないか!?」「高熱で後遺症が残るのではないか!?」といよいよ良からぬことを考え始めてしまいました。

私は、夫が帰宅すると泣きながら飛びつきました。

「もう限界!このままじゃ死んじゃうかもしれない!急患センターに連れてって!」と。

私の精神状態も限界だったのを夫は知っていたのでしょう、夫は「わかったよ」と言い、初めて休日の急患センターに子どもを連れていくことにしました。

やっとの思いで到着すると、なんと60人待ち…。

がく然としました。

休日の子ども急患センターはかなり待たされるとは聞いていましたが、ここまで多いとは…。

一向に進まない順番に先が全く見えませんでしたが、夫は医者なのでこの状況がわかっていたようです。

すると、ぐったりしていた子どもの表情が少しずつよくなり、お菓子をポリポリと食べ始めました。しまいには、ロビー内をよちよちと歩き、遊び始めたのです。おでこに手を当てると、どうも熱が下がってきているみたい…。

周りでぐったりしている子どもや、具合が悪そうにグズグズ泣いている赤ちゃんを見ていると、うちの子が順番を待っていること自体が申し訳なくなってしまい、結局受診せずに帰宅することにしました。

さて、帰りの車中では、ホレ言ったことかとドヤ顔の夫です。

クスクス笑いながら「俺の言うことを聞いとけばいいものを…」と完全に私を馬鹿にしていました。「小児科の医者でもないくせに偉そうにしないでよっ」と一言だけ言い返したのを覚えています。

結局、連休明けに小児科を受診し、その頃には熱も下がり全身に発疹が出ていたので、突発性発疹だとわかりました。

夫の医者としての立場や見解もわかるのですが、母親の子どもを思う気持ちに勝るものはないのだと、確信させられた体験でした。 関連記事:初めての高熱に焦り寝ないで娘を看病。発熱の後、身体中に赤い湿疹が!

著者:mencochan

年齢:30代

子どもの年齢:2歳と4歳

2歳差の自由気ままな男の子と女の子を育てています。怒りっぽい性格なので、”日頃から平常心・怒る前に深呼吸”を心がけて育児をしています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

病院の隔離室で嘔吐し気管に詰まった!? 初めてのインフルエンザで大パニック!
原因不明!? 元気なのに食べては吐いてをくりかえす息子。途方にくれた1週間
まさか!今まで普通に食べていたのに。突然すぎるアレルギー反応にパニック!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。