体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

バレンタイン限定『じゃがりこ 塩味』甘いものが苦手な男性にはこれを渡せば間違いない!

国民人気No.1スナックのカルビー「じゃがりこ」から、バレンタイン仕様のパッケージ『じゃがりこ 塩味』が期間限定で発売中。チョコ味ではなく塩味という“バレンタイン=チョコレート”の常識を打ち破る「じゃがりこ」。詳しく調査だ!

ネームスペース付きでちょっとしたプレゼントに最適!!

『じゃがりこ 塩味』(52g・税別147 円・発売中)はピンクを基調したハートがいっぱいのバレンタイン仕様。天使に扮したキリンさんと「〇〇〇にあげま塩」とのメッセージ付きで、ちょっとしたプレゼントとして渡すのに便利だ。

「あげま塩、あげましお、あげましよ、あげましょ…」というダジャレのクオリティは、バレンタインになっても変わらない。

キリンは塗り絵になっており、専用のアプリを起動して絵にかざすと立体になって飛び出すという。他にもバーコード部分は相合傘に名前が書き込めるようになっており、いたる所に遊び心が詰まったデザインだ。

『じゃがりこ 塩味』はピンク色のHAPPY粒入りだというが、その正体は何なんだろう??原材料を確認したが、それらしきものは「着色料(紅麹)」くらいしか見つからず……まあ、HAPPY粒はHAPPY粒。検証するのも野暮ってもんだ!

 

 

濃すぎず薄すぎず…ほのかな塩味とクリーミーさがクセになる!

パッケージを開けると、バターのような香り。長さを含め、見た目はいつもの「じゃがりこ」とほとんど同じで、よーく見ると噂のHAPPY粒が見える。パッケージではかなりたくさんの粒が描かれているが、実際には1本につき3粒~多くて5粒ほどである。

それでは実食。カリッザクっというあの食感。<塩味>というだけあって、とにかくシンプルだ。<サラダ>や<たらこバター>など、いつも食べている「じゃがりこ」に比べて塩味は控えめなように感じる。30オーバーの記者にはこの塩味がちょうどよく、期間限定ではなくレギュラー商品化してほしいと思うほど。甘いものが苦手な男性へのプレゼントにもぴったりだ。

原材料を見る限りバターなどは入っていないが、ミルクパウダーのおかげかとにかくクリーミー。例えるなら、マッシュポテトをそのまま「じゃがりこ」にした感じである。毎度毎度「じゃがりこ」を検証するたび起こることだが、今回もやっぱり次から次へと手が止まらない…。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。