体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

藤代冥砂「新月譚 ヒーリング放浪記」#38 ホメオパシー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 ホメオパシーを始めて、かれこれ15年くらいになる。すでに日常に溶け込んで、リビングルームに置かれ、バッグの中に常備してあるのが普通となった。
 旅行や出張の時は、着替えを忘れてもホメオパシーは必ず持参するほどで、それは一般的な薬局では取り扱っていないせいもあるのだが、信頼感あってのことだ。
 たとえば風邪の引き始めに漢方の葛根湯をとる人のように、僕はホメオパシーのアコナイトをとる。冷えからくる風邪ならばヘパソーファ、寝汗をかく風邪ならマーキュリー、疲れを感じたらカーボベジ、といった具合だ。
 使い方は、症状に合うものを専門家に勧めてもらったり、自分で選んだりするだけだが、西洋医学における薬に相当するレメディと呼ばれるシュガーボールは、その名の通りお菓子のようでもあり、カプセルや錠剤に慣れ親しんだ目からすれば、こんなので効くのだろうか、という疑問が湧くような小さな白い粒でしかない。実際無数にあるその種類のすべてが同じ白い粒でしかなく、カルト的に見ようと思えばいくらでもそう見えてしまうので、まずはその偏見の入り口で、しっかりと理解することが大切だと思う。
 自分は直感型なので、面白そうだ、という好奇心から入ったのが正直なところだ。薬というと、悪いところを治してくれるもの、バイ菌をやっつけてくれるもの、癌を退治してくれるもの、というのが一般的な認識だと思うが、ホメオパシーでは、悪いところを治せる自分に調整するという点で大きな違いがある。つまり自身の自然治癒力を高める、という点に僕は惹かれた。
 興味を得ると、ホメオパシーの本をいくつか読んでひとまず納得した。その頃は、関する本も今よりも少なく、疑念を抱くというよりも、そういうことになっているのか、とひとまず懐に入れることにした。
 要点をかいつまんでみると、

1、肉体だけでなく、精神、感情にも影響を与え、人間全体としてバランスのとれた状態へと導く。トラウマや不提訴、深い悲しみなども癒す。心身の根から健康になる。

2、対症療法ではなく、根本治療である。

3、自然治癒力を刺激するだけなので、副作用がない。妊婦や新生児も与えることができる。

4、植物、鉱物、動物などの自然物から作られるので環境への負荷がない。

2ページ目につづく

DSC00065

 ホメオパシーを体系だてたのは18世紀生まれのドイツ人医師ザミュエル・ハーネマンで、当時のマラリアの特効薬であったキナの樹皮について調べているうちに、その苦味がマラリヤに効くという事実に対し、他の苦味のある樹皮ではなくて、なぜキナのものだけが効くのかと疑問に思った。そして、試しに自分や家族にキナの樹皮を摂取させてみたところ、マラリヤに罹っていないにも関わらず、動悸、交互に現れる熱感と悪寒、疲労感、眠気というマラリヤの症状が出たのだった。ハーネマンは同種の症状を引き起こすものが、その種の症状を改善するということに気づき、これがヒントとなり、「同種の法則」を確立することになった。つまり「毒を持って毒を制す」「健康な人に投与して、ある症状を起こさせる物質は、その症状を治すことができる」という法則を。
 この同種の法則は、実はギリシアのヒポクラテスがやっていたことでもあり、発熱した患者を温めて治すといったことを実践していた。
 ハーネマンは以後、臨床実験を重ね続け、生涯に100種前後のホメオパシー薬を発見した。その後彼を引き継いだ人々によって、現在は3000種類以上のホメオパシー薬が発見されている。
 ホメオパシーへの現代における評価は、イギリスに王立ロンドン・ホメオパシー病院があることが何よりもの説明になるだろう。ちなみにイギリスの王室は1803年からホメオパシーを取り入れている。フランスでは町の薬局で買え、70パーセント以上の医師がホメオパシー薬を処方しているし、国民の3分の1が使っている。ドイツ然り、ベルギー然りな状況である。インドもイギリスの植民地であったことから盛んで、自分もインドへの旅行中に普通の薬局で風邪用のホメオパシー薬を買った経験がある。パキスタン、バングラディッシュ、スリランカでも国が認めている。南米での浸透が始まっていて、ブラジルでは薬学部を卒業するのにホメオパシーの単位をとることが必須とされている。オセアニア諸国でも政府が普及に力を注いでいる。
 ざっと要点と歴史と現在の評価を記したが、カルトでないことだけは、伝わったのではないかと思う。

1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。