体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Lenovo、Intel x86プロセッサーとQualcomm Snapdragonを搭載した薄型ノートPC「ThinkPad X1 Hybrid」を発表

LenovoがIntel x86プロセッサーとQualcomm Snapdragonを搭載した薄型ノートPC「ThinkPad X1 Hybrid」を発表しました。ThinkPad X1 Hybridでは、Windows 7がIntel x86プロセッサー(Intel Core i3/i5/i7)で、WEBブラウジングや動画再生など簡単な作業のために用意されたLinuxベースの” Instant Media Mode”(Androidカーネルを使用したカスタムOSらしい)がQualcomm Snapdragon 1.2GHzデュアルコア(APQ8060)で動作する仕組みが採用されています。Snapdragonの方が消費電力が低いことから、”Instant Media Mode”を使用した場合、WEBブラウジングでのバッテリー駆動時間はWindows 7を使用した場合の最大2倍の10時間になるとされています。ThinkPad X1 Hybridのフルスペックはまだ公開されていませんが、厚さは0.6インチ(15.24mm)、質量は3.7ポンド(1.67kg)、ゴリラガラスでコーティングされた13インチ(解像度1366 ×768ピクセル)の液晶ディスプレイ(350nits)を搭載、HDMI出力端子/WiDiをサポートするそうです。製品は今年Q2に発売される予定。価格は$1,599~。Source : EngadgetThe Verge


(juggly.cn)記事関連リンク
ソニーがCESに向けたティーザー画像第二弾を公開
Motorola、エントリーレベルのAndroidスマートフォン「Motorola MOTOLUXE」と「Motorola DEFY Mini」を発表、今年春に発売
Qualcomm、Snapdragonに最適化されたゲームを紹介するアプリマーケット「Snapdragon GameCommand」を1月10日より提供開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。