ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【日本全県】2017夏、絶対行くべき”滝スポット”47選。絶景・秘境・パワスポ巡りや避暑に!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【日本全県】2017夏、絶対行くべき”滝スポット”47選。絶景・秘境・パワスポ巡りや避暑に! 滝

まだ夏休みの予定をたててないという方は、マイナスイオンたっぷりな滝を見に行きませんか?目の前に広がる美しい景色を楽しみながら、天然のクーラーで涼すずみ♪なんて最高です!

クチコミで人気の滝やパワースポットと話題の滝まで、各地の名瀑・おすすめスポットを集めた「日本全県滝スポット47選」最新版をお届けします。

記事配信:じゃらんニュース

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

【目次】

★北海道・東北エリアはこちら

★関東エリアはこちら

★北陸・東海エリアはこちら

★関西エリアはこちら

★中国・四国エリアはこちら

★九州・沖縄エリアはこちら

ー北海道・東北エリアー

オシンコシンの滝 【北海道】

オシンコシンの滝

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_01545ab2050006459/photo/

チャラセナイ川の河口付近にある滝。「日本の滝100選」にも選ばれた。途中、水流が2つに分かれていることから別名「双美の滝」。滝の上にある展望台から、「オホーツク海」と「知床連山」が遠望することができる。流氷の季節は、見渡す限りの白い海原が見られる。

\口コミ ピックアップ/

ウトロに向かう道沿いにあります。北海道でも暑い夏でしたが、そこだけ涼し~い!ぜひぜひ立ち寄るべき滝ですよ。

(行った時期:2015年8月) オシンコシンの滝

住所/北海道斜里郡斜里町ウトロ西

「オシンコシンの滝」の詳細はこちら

銚子大滝 【青森県】

銚子大滝

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_02404ab2040006354/photo/

幅20メートル、高さ7メートルの見事な水量を誇るこの滝は奥入瀬の本流にかかる唯一の奥入瀬渓流最大の滝。この滝は奥入瀬を遡上して十和田湖に入ろうとする魚を拒む、魚止めの滝でした。勇壮で見事な水量は今もなお十和田湖の神秘を守る番人の様です。

\口コミ ピックアップ/

雨のせいか水量が多く、間近で見れる滝、大迫力です。大きなカメラを持って、撮っている方も沢山居られ ました。

きっと、晴れてたらすごく混み合う奥入瀬一のビュースポット

(行った時期:2017年6月)

口コミを参考に、川の流れを上流に向かい歩いて見ました。途中の渓流の流れや数々の滝も素晴らしいのですが、大滝の流れの音が徐々に近づき、銚子大滝の姿を目にした時の感動は忘れられません。迫力がありながらも繊細さも備えた滝の流れは唯一無二です。

(行った時期:2016年8月) 銚子大滝

住所/青森県十和田市大字奥瀬

「銚子大滝」の詳細はこちら

釜淵の滝 【岩手県】

釜淵の滝

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_03205ab2040005989/photo/

花巻温泉の近く。台川の大岩盤を滑る滝。平成17年3月2日付で、国指定名勝「イーハトーブ風景地」の一つに指定された。

\口コミ ピックアップ/

花巻温泉に行った際に、近くにあったのでお散歩に行きました。東屋もあり、夏だったので、とってもいい納涼スポットでした。

(行った時期:2015年8月) 釜淵の滝

住所/岩手県花巻市湯本

「釜淵の滝」の詳細はこちら

秋保大滝 【宮城県】

秋保大滝

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_04104ab2040006328/photo/

凝灰岩を割って高さ55mの所から、名取川全水量が幅6mの瀑布となって落ち込む豪壮雄大な滝。那智・華厳と並び日本三名瀑に数えられる。

\口コミ ピックアップ/

初めて行った時は山の中という印象でしたが、滝の音や自然に触れ、とても癒されました。夏は少しだけ涼しく感じて、マイナスイオンを浴びてるような感覚でした。行ったことありませんが、秋には紅葉も綺麗だと思うので、ぜひ行ってみたいと思ってます!

(行った時期:2014年8月) 秋保大滝

住所/宮城県仙台市太白区秋保町馬場

「秋保大滝」の詳細はこちら

日本の滝100選 七滝 【秋田県】

日本の滝100選 七滝

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_05303ab2040005438/photo/

日本の滝百選のひとつに数えられる名瀑「七滝」。高さ約60mから七段にわたって落ちるこの滝は、源を十和田湖外輪山付近に発している。ふもとには、竜神を祀る七滝神社がある。道の駅こさか七滝が隣接し、「滝の茶屋孫左衞門」や「産直センター・ハートランドマーケット」では御食事やお土産品が楽しめます。

\口コミ ピックアップ/

七滝では美しい滝を見ることができます。

水の流れは迫力満点で、見ごたえがあります。

周りの景色も緑がいっぱいで良いですよ。

(行った時期:2016年7月) 日本の滝100選 七滝

住所/秋田県鹿角郡小坂町藤原

「日本の滝100選 七滝」の詳細はこちら

玉簾の滝 【山形県】

玉簾の滝

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_06462ab2040005457/photo/

昔は修験道場で高さ63mの断崖からの瀑布は壮観。5月の連休と8月のお盆には滝がライトアップされる。駐車場には地元の山菜や野菜などを販売する産直がある。

\口コミ ピックアップ/

以前、秋に行った時は凄く寒かったので今回はライトアップしているということで夏の夜に行きました。日中に見た滝も壮大で圧巻でしたが、夜の滝もまた趣があり素敵でした。

(行った時期:2016年8月)

天気もよく暑い日でしたが木々に囲まれて苔むした石やミストのような滝のしぶきでとても気持ちよくマイナスイオンたっぷりで癒されますよ。

(行った時期:2016年7月) 玉簾の滝

住所/山形県酒田市升田字大森

「玉簾の滝」の詳細はこちら

達沢不動滝 【福島県】

達沢不動滝

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_07408ab2040005998/photo/

滝に不動尊をまつり,陰暦4月19日の祭には参拝客が多い。

\口コミ ピックアップ/

滝の幅が広く水量も多いので迫力がありました。

落差も結構あるのでしぶきが舞っていて気持ちよかったです。

(行った時期:2016年7月) 達沢不動滝

住所/福島県耶麻郡猪苗代町達沢

「達沢不動滝」の詳細はこちら

ー関東エリアー

湯滝 【栃木県】

湯滝

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_09206ab2040005484/photo/

湯ノ湖の水が三岳熔岩流の高さ60メートルの岩壁を流れ落ち、湯川となって戦場ヶ原を流れる。

\口コミ ピックアップ/

日光に行くと必ず訪れます。お天気が悪く雨が降ったせいか水の量が多く、いつもより豪快でした。遠足や修学旅行で来てた子供達も「すっげー」など叫んでましたよ(笑)

(行った時期:2017年6月)

素晴らしい気色に、水しぶきをあげる滝の近くで過ごして、かなりリフレッシュすることができました。また夏に行きたいです。

(行った時期:2016年8月) 湯滝

住所/栃木県日光市湯元

「湯滝」の詳細はこちら

吹割の滝 【群馬県】

吹割の滝

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000151053/photo/

1936年に天然記念物及び名勝に指定された、東洋のナイアガラとも呼ばれる幅30m高さ7mの「吹割の滝」。 群馬県沼田市にあり、利根川水系。 滝から吹き上がる水しぶきが河床を割くように流れているように見えたことで、この名がつけられました。 また、「竜宮の椀」の伝説がある滝で、滝壷は竜宮に通じているとも言われています。 その昔、村人が祝儀の度に、お椀やお膳を借りたいとお願いをした手紙を滝壺に投げ入れたといわれたが、 一度だけ借りたものを返し忘れてしまったことで、それ以来は二度とお椀やお膳を借りれなくなったといわれています。 ※天候により遊歩道が通れない場合もあるので要注意。

\口コミ ピックアップ/

天然のマイナスイオンの要塞です。川の水が、眼下の谷へシルキーカーテンの様に吸い込まれていきます。緑の真夏でも、涼しく気持ちの良い世界です。が、滑り落ちると大変なことになるのでくれぐれも、気をつけください。

(行った時期:2013年8月14日)

かなり迫力のある滝を間近に見ることが、できます。水しぶきも飛んでいて滝の周辺は涼しいので夏の観光スポットに最適だと思います。

(行った時期:2016年8月) 吹割の滝

住所/群馬県沼田市利根町大字追貝

「吹割の滝」の詳細はこちら

袋田の滝 【茨城県】

袋田の滝

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_08364ab2040005938/photo/

奥久慈のシンボル。四度の滝とも呼ばれ、厳冬期には結氷する。新緑期、紅葉期がにぎわう。

\口コミ ピックアップ/

滝を観る!って言うだけでマイナスイオンも浴びれるし、その素晴らしさに驚くと思いますが、季節によって違う袋田が素晴らしく、春は深緑。夏は避暑地。秋は紅葉。冬は滝の水が凍ると言う!

自然の素晴らしさを堪能してください。

(行った時期:2015年4月) 袋田の滝

住所/茨城県久慈郡大子町

「袋田の滝」の詳細はこちら

秩父華厳の滝 【埼玉県】

秩父華厳の滝

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_11362ab2040005516/photo/

赤色チャートの岩壁に約13mの高さから落ち、埼玉県のクールスポットにも選ばれました。 紅葉の時期には、紅葉と滝の綺麗なツーショットが見られます。

\口コミ ピックアップ/

穴場です。夏は涼しい!紅葉の時期も良いかも。

駐車場からすぐのお手軽さなのに、かなり山奥に来た様な気分を味わえます。マイナスイオンたっぷりって感じです。子供も喜びました。

歩道は狭いので気をつけてくださいね。

(行った時期:2009年1月)

マイナスイオンを感じる癒しの空間。都会の疲れを忘れさせてくれる時間の感じました。

(行った時期:2009年8月1日) 秩父華厳の滝

住所/埼玉県秩父郡皆野町上日野沢

「秩父華厳の滝」の詳細はこちら

濃溝の滝 【千葉県】

濃溝の滝

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000184651/photo/

\口コミ ピックアップ/

特に洞窟の向こう側の光の射し方で雰囲気もがらりと変わる感じを受けました。

私たちが訪れたのは平日の曇りの日でした。洞窟手前の木陰と奥の木漏れ陽の明暗の差がさほどなかったので見劣りはしましたが、でも全体の印象がとてもロマンチックでほんとにアニメーションの中にでも出てきそうである。

特に晴れた日の早朝から許される限り時間を使って変化を楽しんで頂きたいし出かけてみることをお勧めします。

(行った時期:2016年7月15日) 濃溝の滝

住所/千葉県君津市笹

「濃溝の滝」の詳細はこちら

払沢の滝 【東京都】

払沢の滝

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_13307ab2040006393/photo/

滝は4段からなり、全長60メートル。最下段の滝の姿は雄大で美しく、滝壺には大蛇が棲むという言い伝えがある。夏には滝を幻想的な演出でライトアップする「払沢の滝まつり」が催され、冬には滝全体が結氷し、見事な氷の造形は息をのむ美しさ。

\口コミ ピックアップ/

石碑も立っていますが、まさに“水の神”が棲み、森を見守っているかのような神聖さと清々しさを感じるスポットです。この滝自体の美しさも格別です。途中の道のりも森林浴を満喫でき、本当に心が癒されます。

(行った時期:2011年5月19日)

夏に行くと、遊歩道が森林のマイナスイオンのおかげで爽やかに涼しく快適です!

冬は冬で、寒いですが凍った滝が圧巻です!

(行った時期:2015年8月) 払沢の滝

住所/東京都西多摩郡檜原村本宿

「払沢の滝」の詳細はこちら

飛龍の滝 【神奈川県】

飛龍の滝

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_14382ab2040146692/photo/

飛龍の滝自然探勝歩道の中間にある。

\口コミ ピックアップ/

ここの滝は、遠くから見てるだけでも、うっとりする美しさでした。夏に行ったので、涼しめて最高でした。

(行った時期:2014年8月)

箱根に旅行に行った時には必ず訪れます。

夏は涼しくて気持ちが良く癒されます。

マイナスイオンがたくさん感じられるパワースポットでおすすめです。

(行った時期:2014年8月) 飛龍の滝

住所/神奈川県足柄下郡箱根町畑宿

「飛龍の滝」の詳細はこちら

吐竜の滝 【山梨県】

吐竜の滝

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000115084/photo/

\口コミ ピックアップ/

夏はとても涼しく過ごしやすい場所です。滝も圧巻な風景です。駐車場からは歩きますが、とても綺麗な滝なのでおすすめです。

(行った時期:2016年8月)

猛暑日といわれる日に行きました。

滝が近づくにつれて気温が下がっているように感じ、滝が目の前にあるときは寒さを感じるほどの涼しさでした。

滝も美しく、時間を忘れて滞在してしまいました。

(行った時期:2016年8月) 吐竜の滝

住所/山梨県北巨摩郡大泉村西井出

「吐竜の滝」の詳細はこちら

白糸の滝 【長野県】

白糸の滝

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_20321ac2102011590/photo/

高さ3m、幅70mの白糸を無数に垂らしたような滝と周囲の紅葉が素晴らしい。

\口コミ ピックアップ/

真夏でもヒンヤリする程涼しく、正に白糸のような上品で神秘的な滝が流れていて、とても癒やされます。マイナスイオンもたっぷり。

滝に続く遊歩道は常に湿っているので足元には気を付けたい。

(行った時期:2016年8月10日)

軽井沢で一番訪れたかったところです。自然が作り出した芸術とはまさにこのこと。しばらく見とれていました。

(行った時期:2016年5月28日) 白糸の滝

住所/長野県北佐久郡軽井沢町小瀬

「白糸の滝」の詳細はこちら

苗名滝 【新潟県】

苗名滝

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_15217ab2042089800/photo/

日本の滝百選の1つ。その昔、滝から落ちる水音があまりにも激しく轟音が周囲の森に響きわたりまるで地震のようだったことから地震滝とも呼ばれている。新緑期から紅葉期まで様々な渓谷美を楽しめる。苗名滝では、柱状節理と呼ばれる角柱状態の割れ目がよく発達している。また苗名滝遊歩道の崖上は板状節理と呼ばれる板を何十枚も重ねたような割れ目をもった溶岩が発達している。

●落差55m

●展望ポイント:滝つぼ附近

\口コミ ピックアップ/

久しぶりに行ったら、道路から何から整備されきれいになっていてびっくり。カフェまでできていました。ニジマスの泳ぐきれいな水の池も見事。滝までは、吊り橋を渡ったり、階段を登ったり、舗装されていない道を歩くのでスニーカーがおすすめです。

(行った時期:2016年7月) 苗名滝

住所/新潟県妙高市杉野沢

「苗名滝」の詳細はこちら

ー北陸・東海エリアー

称名滝 【富山県】

称名滝

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_16323ab2040005544/photo/

称名滝は4段から成る大滝で、落差日本一(350m)を誇ります。その水量は多い時で毎秒100トンを超えるとも言われており、国指定名勝・天然記念物に指定されているほか、「日本の滝100選」にも選ばれています。雪解け水が流れ込む春や、大雨の後には、称名滝を上回る、落差500mの「ハンノキ滝」が現れます。二つの滝がV字になって流れ落ちる様は、まさに迫力満点です。

\口コミ ピックアップ/

マイナスイオンいっぱいで空気が澄んでいて気持ち良かったです。自然あふれていて子供も喜んでくれました。

(行った時期:2016年8月)

夏に家族で行きました。称名滝に着くまでの道中、自然にとても癒やされました。

橋の上で見る称名滝は圧巻で、水しぶきもすごく、とても気持ちよかったです。

数年後、また家族で行きたいです。

(行った時期:2016年8月13日) 称名滝

住所/富山県中新川郡立山町芦峅寺字ブナ坂外11国有林

「称名滝」の詳細はこちら

姥ケ滝 【石川県】

姥ケ滝

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_17346ab2040005552/photo/

蛇谷と親谷の出合にかかる二段の滝で全長76m。老婆が白髪をふり乱しているように流れ落ちることから,その名前がついたとされる。日本の滝百選の一つ

\口コミ ピックアップ/

この滝はすごくマイナスイオンを体全体で感じられます。涼しくて夏場はぜひオススメしたいです。迫力も十分ですよ!

(行った時期:2013年7月27日) 姥ケ滝

住所/石川県白山市中宮

「姥ケ滝」の詳細はこちら

瓜割の滝 【福井県】

瓜割の滝

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_18461aj2200117470/photo/

「水の森」ともいわれる天徳寺境内奥の森では,湧水が斜面に沿って滝のように流れ落ちている。柵内の岩の割れ目から湧き出す水量は,一日4500t。水温は12度。冷たい水で瓜が自然に割れたという故事からその名がつけられた。水道水の質が良くない滋賀や京都の人たちは,一日かけて車で訪れ,隣近所の分までまとめて汲んでいく。ミネラルが豊富に含まれた湧水のため,水割りや冷やっこが一味違うと評判。湧出口付近では,この湧水の中でしか育たない,珍しい紅藻が付着するため,石は紅色に染まって見える。全国名水百選。

\口コミ ピックアップ/

お盆休みへ行った為

ひんやりとして散策には良かったです。

落差のある滝ではなく

飛沫や音もない優しい和む滝ですね!

(行った時期:2016年8月)

全国名水百選に認定されてるそうで、とにかく水がキレイ!一年を通して水温が変わらず、夏でも水につけておいた瓜が割れるほど冷たい事から、瓜割の滝と言う名前が付いたそうです。確かに、水に手をつけると

キーン!!と冷たかったです。マイナスイオンもいっぱい浴びてる感じで気分もすっきりできる場所でした。

(行った時期:2014年8月) 瓜割の滝

住所/福井県三方上中郡若狭町天徳寺

「瓜割の滝」の詳細はこちら

浄蓮の滝 【静岡県】

浄蓮の滝

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_22328ab2040005653/photo/

伊豆を代表する観光名所。深い樹木が生い茂る中、玄武岩の崖に高さ25m、幅7mの滝がかかっている。山の冷気と水しぶきで夏でも肌寒いほど。滝壺の下流には天城国際鱒釣場があり、渓流沿いには天城名物のわさび田が続いている。日本の滝100選のひとつ。滝の玄武岩には、天然記念物のハイコモチシダが群生している。

\口コミ ピックアップ/

すっごく暑い日でも、この滝に行くとその暑さを忘れてしまいます。ただ、足を長い間水に浸けていられないほど冷たいです!

(行った時期:2016年7月)

暑い夏でもここに来ると、非常に涼やかな気持ちになれます。滝の音としぶきで周辺の空気が澄みわたっていて気持ち良いです。

(行った時期:2014年7月) 浄蓮の滝

住所/静岡県伊豆市湯ケ島892-14

「浄蓮の滝」の詳細はこちら

養老の滝 【岐阜県】

養老の滝

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_21341ab2040006076/photo/

養老山地の巨岩老樹の中を流れ落ちる。高さ約30メートル、幅約4メートルの名瀑は、養老町のシンボル。

\口コミ ピックアップ/

高さ30Mからの滝はやはり大きいですね~!マイナスイオンがたくさん出てますね~。夏でも涼しいですよ!

(行った時期:2016年8月)

水しぶきをあげた滝とても涼しさと気持ち良さ自然の雄大さを感じました。周りでは子どもたちが水浴びもしており楽しそうでした。

(行った時期:2016年8月) 養老の滝

住所/岐阜県養老郡養老町高林1298-2

「養老の滝」の詳細はこちら

阿寺の七滝 【愛知県】

阿寺の七滝

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_23581ab2040006298/photo/

礫岩の河床を落ちる階段状の滝。日本の滝100選や国の名勝および天然記念物に指定されている。春は新緑、秋は紅葉の名所。夏はイワタバコが咲き美しい。ここの礫岩は「子抱石」ともいい、子供を授かるといういわれもある。

\口コミ ピックアップ/

暑くなると毎年行きます。滝に向かい歩いて行く時から木々の緑と水音でとても癒されます。滝の近くまで行くとさらにマイナスイオンたっぷりで気持ち良いです。

(行った時期:2016年6月)

お勧めのパワースポットに行ってきました。滝までは森の中をゆっくり歩きながら進んでいきます。これだけでもかなり癒されます。滝の前ではしばらく何も考えずのんびり過ごすのがお勧めです。

(行った時期:2016年5月) 阿寺の七滝

住所/愛知県新城市下吉田

「阿寺の七滝」の詳細はこちら

赤目四十八滝 【三重県】

赤目四十八滝

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_24208cb3542072547/photo/

「赤目四十八滝」とは、三重県名張市にある数々の美しい滝が織りなす全長約4kmの一連の滝の総称。

日本の滝百景や森林浴の森百景のほか、遊歩百景、平成の名水百景にも選ばれています。

その中でも不動滝、千手滝、布曳滝、荷担滝、琵琶滝のことを赤目五瀑と言い、見るものを圧倒する存在感を放ちます。

また、古くより山岳信仰の聖地として呼ばれ、修験道の開祖である役行者の修行場ともなりました。

そしてその役行者が修行中に赤い眼の牛に乗った不動明王と出会ったこととされたことから赤目の由来と言われています。

近年では四季を感じることのできるハイキングコースとしても知られ、数多くの観光客を賑わせています。

\口コミ ピックアップ/

子供達も頑張って歩いてました。

いいハイキングになると思います。

夏休みでしたが少しひんやり涼しくてよかったです。

滝もたくさんあって癒されました。

(行った時期:2016年7月)

トレッキングしに行きました。

小さな滝くら大きな滝まで様々な滝が沢山見られ、滝好きには堪らないと思います。

ただ、全部見るとなるとかなり歩くので、トレッキングシューズまでとはいかなくてもスニーカーで行く方が良いと思います。ちらほらヒールの方を見かけたので…。。

野生のオオサンショウウオも見れたり、自然に癒されました。

(行った時期:2016年7月23日) 赤目四十八滝

住所/三重県名張市赤目町長坂861番地の1

「赤目四十八滝」の詳細はこちら

ー関西エリアー

鶏鳴の滝 【滋賀県】

鶏鳴の滝

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_25367ab2040006405/photo/

自然が作りだした景勝地。ハイカーたちの憩いの場。

\口コミ ピックアップ/

京都市内が35度というのに滝の周辺は25度位でした。駐車場も狭いながらあるのでちょこっと立ち寄るのには最適!

豊かな水量、水飛沫。マイナスイオンたっぷりで気持ち良いスポットでした。

(行った時期:2014年8月14日) 鶏鳴の滝

住所/滋賀県甲賀市信楽町神山

「鶏鳴の滝」の詳細はこちら

琴滝 【京都府】

琴滝

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_26403ab2042002964/photo/

高さ約43mの1枚岩の上部から流れ落ちる、落差約40mの水が、13弦の琴の糸のように見えることから「琴滝」と呼ばれる。

京都の自然200選に選ばれています。

\口コミ ピックアップ/

少しおとなしめの滝ですが、逆にそれが珍しく癒されました。冬にはライトアップされるそうなので、冬にも来てみたいと思いました。

(行った時期:2015年8月)

滝ときくと、ちょっと秘境にあたり、車を停めてからずいぶんと歩かないといけなかったりしますが、ここは駐車場からも近く、程よい距離の先に滝があります。

夏のひぐらしがなく夕暮れ時がおすすめです。

(行った時期:2013年8月) 琴滝

住所/京都府船井郡京丹波町市森

「琴滝」の詳細はこちら

明治の森箕面国定公園 【大阪府】

明治の森箕面国定公園

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_27220ah3332016230/photo/

標高約100~600mの箕面市北部山地に広がる風光明媚な自然公園(国定公園)。幅5m、落差33mもある壮大な箕面の滝から森林を縫うような渓谷となっていて、一帯には980種もの植物や3000種を超える昆虫が生息する。大阪府の貴重な自然の森であるとともに、東海自然歩道の西の起点でもある。四季折々の風情が楽しめ、春の桜、冬の樹氷や氷柱、そしてとくに晩秋の紅葉がたいへん美しい。箕面山は古くから山岳仏教の聖地で、役行者が開いたという修験道の根本道場・瀧安寺(箕面寺)などの古刹も見られる。また、滝へ行く途中の道にある昆虫館も有名。1万点近くの昆虫の標本に加えて、大温室・放蝶園には約30種200匹以上の蝶が飛び交い、四季を通じてその生態が観察できる。

\口コミ ピックアップ/

家族で行って来ました!夏場に行ったのですが、滝のマイナスイオン効果なのか、涼しく過ごしやすかったです。

(行った時期:2016年8月)

箕面の駅からも近く、梅田辺りから電車で行くのも良し、またはドライブがてら車で行くのも良し。遊歩道は夏の暑い日でも

涼しく、散歩にはもってこい。

(行った時期:2016年8月15日) 明治の森箕面国定公園

住所/大阪府箕面市箕面公園

「明治の森箕面国定公園」の詳細はこちら

布引の滝 【兵庫県】

布引の滝

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_28110ab2040005879/photo/

新神戸駅の山側、生田川中流にかかる滝で神戸ウォーターの源泉のひとつ。「日本の滝百選」にも選ばれています。「布引の滝」は雄滝(おんたき)・雌滝(めんたき)・夫婦滝(めおとだき)・鼓ヶ滝(つつみがだき)の4つの滝の総称で、なかでも雄滝は高さ43mの名瀑です。 新緑や紅葉の季節には、遊歩道の散策もおすすめ。

\口コミ ピックアップ/

夏休みに新神戸駅の近くに泊まったので、散策兼ねて歩いて行ってきました。

汗だくになったけれど、滝が都会のすぐ近くで見ることができたのがうれしかったです。

ひと時、涼んできました。

(行った時期:2015年8月)

マイナスイオンに癒されました。山なので少し坂道つかれましたが、マイナスイオンたくさんあびて癒され、程よい運動もできます。

(行った時期:2011年8月10日) 布引の滝

住所/兵庫県神戸市中央区葺合町

「布引の滝」の詳細はこちら

笹の滝 【奈良県】

笹の滝

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_29449ab2040005689/photo/

\口コミ ピックアップ/

水がものすごく美しく、段々と水が下る姿が美しい滝でした。風情があり、日本らしい景色を楽しめる美しい滝でした。

(行った時期:2014年7月) 笹の滝

住所/奈良県吉野郡十津川村内原

「笹の滝」の詳細はこちら

那智の滝 【和歌山県】

那智の滝

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_30421ab2042042932/photo/

日本三名瀑の一つで深い原始林を割って落ちる高さは133mの滝。落差は日本一。銚子口の岩盤に三つの切れ目があり、三筋になって落下し 始めるところから、「三筋の滝」ともよばれている。 飛瀧神社の御神体として滝を崇め、毎年7月9日と12月27日の2回、古来からの神事にのっとり「御滝注連縄張替行事」が行われている。かつて、諸国からこの滝に詣でる人々は写経を経筒に入れお滝入口の大鳥居をくぐりすぐ左側の「那智経塚」にそれらを納めた。また、皇室の方々がお参りになると参道に記念の塔婆を建てられ、亀山上皇が弘安4年に参詣された折のものが今も宝物殿に納められてお り、それを模したものを、当時の面影のまま参道に建てられている。入口より御滝本までは昔のままの石畳み道が続き「鎌倉積石階段」という。

\口コミ ピックアップ/

とても立派な滝で、かなり近くまで行くことができます。夏だったので細かいしぶきが気持ちよく、いつまでも眺めていられました。

(行った時期:2016年7月)

高い滝なので、水量も音も迫力満点です。夏場はひんやりして、マイナスイオンがいっぱいって感じで気持ちいいです。

(行った時期:2014年7月) 那智の滝

住所/和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山

「那智の滝」の詳細はこちら

ー中国・四国エリアー

雨滝 【鳥取県】

雨滝

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_31301ab2040120219/photo/

袋川上流の瀑布で、「日本の滝100選」に選定されている。渓の水が40mのはるかに高い樹林の中の滝口から幅4mで止めどなく吐き出され、玄武岩の見事な柱状節理によって生じた断崖絶壁から、轟音を発して滝壷に落水する様は壮観である。 昔から祀られている不動明王の迫真と滝の迫力により、雨滝は古来有数の霊場として知られていた。時には善男善女の荒修行の場、手甲・脚絆のお遍路さんの信仰の場として、滝の下手にあった籠もり堂には人生の哀歌が鳴り響き、滝壷の上には裸身唱名が絶え間なく続いていた。 毎年初夏の一日を選んで国府町をあげて盛大な滝開きの式典がある。

\口コミ ピックアップ/

真夏に行きましたが滝の周囲は他より涼しく、霧雨の中にいるかのような状態。雨滝とはたしかにその名前通りだと感じました。

(行った時期:2016年8月)

日本の滝100選に選定されている滝です。水量が多く、水しぶきの勢いがすごかったです。マイナスイオンをたくさん浴びました。駐車場からそんなに歩かないので、お子様連れにもおすすめです。

(行った時期:2016年5月) 雨滝

住所/鳥取県鳥取市国府町

「雨滝」の詳細はこちら

壇鏡の滝 【島根県】

壇鏡の滝

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_32524ab2040005724/photo/

那久川の上流に弊風のような岩盤の中央に壇鏡神社の社殿があり、その左右に高さ50mの雄滝と40mの雌滝が流れ落ちる。向かって右側が雄滝、左側が雌滝で社殿の横を通って雄滝の後ろへ回ることができ、そこからの眺めも壮観である。駐車場には「壇鏡の夫婦杉」がそびえ立ち、鳥居をくぐり滝まで続く参道は、杉並木の静かな空間が続く。また、壇鏡神社の例祭として佐山牛突場で行われる八朔大会では、勝負の水として使われる。

\口コミ ピックアップ/

パワーを感じます(力をもらったような・・・)。晴れた日の日中に滝の裏側から見上げると神秘的な感じをうけます。感動です。

(行った時期:2017年5月) 壇鏡の滝

住所/島根県隠岐郡隠岐の島町那久

「壇鏡の滝」の詳細はこちら

神庭の滝 【岡山県】

神庭の滝

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_33581ab2040120323/photo/

神庭川に懸る西日本一の名瀑。黒光りのする岩盤と純白の水しぶきが神秘的である。国の名勝地,県立自然公園に指定され特に新緑と紅葉が美しい。

\口コミ ピックアップ/

マイナスイオンをたっぷり感じ取ることができました。景色もきれいでとてもよかったです。それに夏場は涼しくてホッと一息できました。

(行った時期:2016年8月)

滝は好きでよく見に行くのですが、ここはかなりの名瀑だと思います。周囲の景色もよいです。

子供には退屈かな、と思っていましたが、お猿さんもいたので子供も喜んでいました!

(行った時期:2014年8月) 神庭の滝

住所/岡山県真庭市神庭640

「神庭の滝」の詳細はこちら

三郎の滝 【広島県】

三郎の滝

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_34208ab2040120452/photo/

天然のすべり滝として有名です。清流に乗って、奇怪石の間をすべるスリル。駐車場(約30台)・更衣室完備。その他、マス釣りやバーベキュー、秋には紅葉なども楽しむことができます。

\口コミ ピックアップ/

天然の岩の滑り台があって、夏でも涼しいです。釣り堀もあって、釣った魚をその場で焼いて食べることができます。

(行った時期:2015年8月9日)

自然の滑り台がとても楽しく、子どもに人気があります。

大人が混ざるのはちょっと勇気がいるかも。

海で泳ぐとベタベタしますが、

川遊びはそういうのがなくてよかったです。

(行った時期:2015年7月) 三郎の滝

住所/広島県府中市三郎丸町

「三郎の滝」の詳細はこちら

白糸の滝 【山口県】

白糸の滝

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_35462ab2040130577/photo/

高さ30m横幅10m,水が岩肌を白糸のごとく流れるさまよりこの名がある。冬寒い時水が岩肌に氷結した光景は絶品である。遊歩道,キャンプ場,農村体験棟,管理棟等,観光開発実施

\口コミ ピックアップ/

夏には必ず行きたくなる場所のひとつです!流しそうめんや、鮎の塩焼きなど食べるとこも豊富です!自然のクーラーでした。

(行った時期:2016年7月)

滝と言えばマイナスイオンですが、こちらの滝は特にマイナスイオンが豊富に浴びれるような気がします。素麺流しもありますよ。

(行った時期:2015年7月) 白糸の滝

住所/山口県美祢市秋芳町嘉万八代

「白糸の滝」の詳細はこちら

轟の滝 【徳島県】

轟の滝

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_36384ab2040006306/photo/

知られざる清流海部川の上流に水音とどろく落差58mの滝が「轟の滝」である。本滝の上流にさらに大小さまざまな滝があり、総称して「轟九十九滝」と呼ばれる。

\口コミ ピックアップ/

徳島県の「日本の滝百選」に選ばれた素晴らしい滝です。

落差58mから流れ落ちる瀑音が岩の間に轟くため「轟の滝」と呼ばれているようです。現像的な雰囲気があり、普通の滝とは異なる神秘的な滝でした。

(行った時期:2013年9月24日)

轟の滝は、とても雰囲気がよくて、マイナスイオンを感じることができたのでおすすめのスポットですよ。ぜひまた行きたいと思いました。

(行った時期:2015年8月) 轟の滝

住所/徳島県海部郡海陽町平井字王余魚谷

「轟の滝」の詳細はこちら

不動の滝 【香川県】

不動の滝

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_37361ab2040005748/photo/

滝の中段の岩壁面に梵字が刻まれている。

\口コミ ピックアップ/

不動の滝ではきれいな滝を見ることができます。

水の流れが激しく、迫力があります。

夏場におすすめのスポットです。

(行った時期:2016年7月)

暑い季節にはすすんで不動の滝に行っています。マイナスイオンたっぷりだし滝を観ていたら涼しくなれるんですよね♪

(行った時期:2015年8月) 不動の滝

住所/香川県高松市塩江町

「不動の滝」の詳細はこちら

白糸の滝 【愛媛県】

白糸の滝

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_38361ab2040121215/photo/

水が白い絹のように流れ落ちる優雅な滝で、夏は渓流の水と風が心地よく、秋の紅葉も華やか、冬は凍結し荘厳な美しさがあり、四季の変化を楽しむことができます。

\口コミ ピックアップ/

滝が落ち着きます(^^)/夏は、暑いので涼みにはちょうどいい場所です(‘ω’)ノ

すごくすずしいです。

(行った時期:2016年8月)

優雅な滝を見ているとすごく落ち着きます。

夏はとても涼しいのでおすすめスポットです。

また利用したいです。

(行った時期:2016年8月) 白糸の滝

住所/愛媛県東温市上林

「白糸の滝」の詳細はこちら

不動の滝 【高知県】

不動の滝

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_39305ab2040121315/photo/

水谷渓谷にある3つの滝からなる名瀑。入口となる水谷口から滝の轟音が聞こえ、遊歩道の三の滝、二の滝、一の滝へと続く。 お不動様が祭られていて、滝壺の壁面には磨崖仏が彫られている。 ※遊歩道は滑りやすい箇所があるためお足下にご注意ください。

\口コミ ピックアップ/

不動の滝ではきれいな滝を見ることができます。

水の流れは激しく迫力満点です。

夏場におすすめのスポットです。

(行った時期:2016年8月)

アクセスはなかなかのものでしたが、吹く風が涼しく、避暑地の気分になりました。

次もまた夏に訪れたいです。

(行った時期:2015年8月) 不動の滝

住所/高知県安芸郡北川村小島

「不動の滝」の詳細はこちら

ー九州・沖縄エリアー

白糸の滝 【福岡県】

白糸の滝

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_40222ab2040130678/photo/

落差24m。幅12m。真っ白な飛沫を上げてとうとうと流れ落ちるさまは、圧巻。県指定の名勝であり、周囲には樹齢三百年以上といわれる3本の萬龍楓(ばんりゅうかえで) (県指定天然記念物)が自生。前面に玄界灘を望む。また「ふれあいの里」でソーメン流しや郷土料理を楽しむこともできる。

\口コミ ピックアップ/

糸島の人気観光スポットです。夏は多くの人が訪れそうめん流しややめめ釣りをします。自然を満喫できるおすすめの場所です。

(行った時期:2016年8月)

夏場のお出かけスポットとして大変人気です。大きな滝からの水しぶきはとても気持ちが良く迫力があります。やまめもたくさん泳いでいます。

(行った時期:2016年8月) 白糸の滝

住所/福岡県糸島市白糸460-1

「白糸の滝」の詳細はこちら

轟の滝 【佐賀県】

轟の滝

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_41443ab2040005765/photo/

三段の滝から形成され、平坦地にある滝としては珍しく落差11mを誇る。温泉街から南へ1km。

\口コミ ピックアップ/

夏は水遊びをするのがお勧めです。水はかなり冷たくて火照った体を冷やしてくれます。水も澄んでいてとてもきれいです。

(行った時期:2016年8月)

轟の滝はとても癒される場所なので

おすすめですよ!!特に夏の暑い時季がおすすめですね!!ぜひまた行きたいと思いました!!

(行った時期:2015年8月) 轟の滝

住所/佐賀県嬉野市嬉野町大字岩屋川内

「轟の滝」の詳細はこちら

轟の滝 【長崎県】

轟の滝

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_42343ab2040005966/photo/

烏帽子岳の南腹,境川上流の大小30余りある滝の中の代表的滝。

\口コミ ピックアップ/

夏の水遊びにはもってこいです。川の水でスイカを冷やしたり、そうめんを食べたりとマイナスイオンたっぷりの中で夏の思い出を作って見てはどうですか。

(行った時期:2016年7月)

マイナスイオンをたっぷりいただける感じです!空気が美味しく、子供たちも楽しく遊べるし、大人も子供も楽しめる癒やしスポットです!

(行った時期:2015年7月) 轟の滝

住所/長崎県諫早市高来町善住寺大山1106-37

「轟の滝」の詳細はこちら

鍋ヶ滝 【熊本県】

鍋ヶ滝

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_43424ab2042044149/photo/

落差約10m、幅約20mほどの滝。滝の裏側に回ることもでき「裏見の滝」が味わえる。某お茶のCMで一躍小国町の人気スポットに。

\口コミ ピックアップ/

正面からの景色は、まるで落ちてくる水がカーテンのように見えて、周りの木々が神聖さを感じさせます。

そして、もう1つの魅力が、その滝を裏側から見られることです。

滝までの道程も整備されて、観光しやすいです。

(行った時期:2017年6月)

CMや雑誌などでもよく目にする滝ですが、実際行ってみるとマイナスイオンがあふれ、癒される場所です。滝の裏側にぜひ行ってみるべきですね。

(行った時期:2015年8月) 鍋ヶ滝

住所/熊本県阿蘇郡小国町黒渕

「鍋ヶ滝」の詳細はこちら

原尻の滝 【大分県】

原尻の滝

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_44424ab2040122439/photo/

平野の真ん中に突如現れる幅120m、高さ20mの滝。滝の起源は熊本県にある阿蘇山が約9万年前の大噴火で発生した火砕流と大きく関係する。九州全土を覆い包む程大量に発生した阿蘇の火砕流は、この地に何十mもの厚さで積もり、徐々に冷え固まり石となる時、縦方向の割れ目(柱状節理と呼ぶ)が同時にできた。あたかも柱を束ねたような状態で立っている大地に、川の水が流れ込み次々に柱を押し倒し、この滝が創られた。

\口コミ ピックアップ/

原尻の滝は、とても雰囲気がよくて癒されるスポットなので、かなりおすすめですよ。ぜひまた行きたいと思いました。

(行った時期:2016年7月)

大きな滝がすごく綺麗で迫力がすごかったです!

とても涼しいのでこの暑い時期におすすめです。

大分に行かれた際はぜひ立ち寄ってほしいスポットです☆

(行った時期:2016年7月) 原尻の滝

住所/大分県豊後大野市緒方町原尻

「原尻の滝」の詳細はこちら

真名井の滝 【宮崎県】

真名井の滝

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_45441ab2040005811/photo/

五ヶ瀬川が阿蘇溶岩を浸食して生まれたV字型の渓谷・高千穂峡にかかる滝。 高千穂峡は、昭和9年11月20日名勝・天然記念物に指定されている。貸しボートで滝に近づくことができ、新緑の5月、紅葉の11月、年中を通して、自由見学できる。夏休みの期間は滝のライトアップもあり、午後10時まで楽しめる。また、大橋~滝間に約20~30分の遊歩道や釣り堀、淡水魚水族館などがあり、夏は流しそうめんなどが楽しめる。

\口コミ ピックアップ/

観光名所の王道!やはり実際に行くと綺麗で感動でした。天気で左右されますのでぜひ晴れの日に行って記念撮影することをおススメします!

(行った時期:2016年8月)

エメラルドグリーンの水辺に、岩肌から流れ出る滝。TVや写真で見て、イメージしていたそのものです。ぜひ、ボートに乗ってみて!

(行った時期:2016年8月13日) 真名井の滝

住所/宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井御塩井

「真名井の滝」の詳細はこちら

曽木の滝 【鹿児島県】

曽木の滝

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_46209ab2040005815/photo/

川内川上流、巨岩の間を落ちる幅広の雄大な滝。滝上は平坦な岩盤。松・ツツジ・モミジが多く四季を通じよい。

\口コミ ピックアップ/

涼を求め、曽木の滝に行きました。滝が物凄い迫力で流れていて、水しぶきも凄かったです。滝のゴーという音も迫力満点です。オススメです。

(行った時期:2016年8月)

すばらしい滝です!今まで見てきた滝の中で1番好きです。この曽木の滝周辺には茶屋のような店もあり、観光地としても魅力的です!

(行った時期:2014年8月) 曽木の滝

住所/鹿児島県伊佐市大口宮人628番地41

「曽木の滝」の詳細はこちら

ピナイサーラの滝 【沖縄県】

ピナイサーラの滝

出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_47381ab2040122945/photo/

船浦湾の上流にありヒルギ林の中で見る滝は男性的。

\口コミ ピックアップ/

西表島にある滝です。たどり着くには相当な距離のジャングルの道を歩かないといけませんが滝を見たときの感動はすごいですよ。

(行った時期:2016年9月)

とても綺麗な滝です。滝の美しい音を耳で感じ、眼で美しさを見ることができました。癒される効果が抜群にある場所です。一度は行きましょう。

(行った時期:2015年6月) ピナイサーラの滝

住所/沖縄県八重山郡竹富町西表島

「ピナイサーラの滝」の詳細はこちら

※この記事は2017年6月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

ちょっとオシャレな家族旅行♪憧れの「グランピング」で夏休みを満喫!【西日本】
この夏カップルで行きたい【奈良】人気デートスポット20選!定番から穴場まで
絶景の宝庫!一生に一度は見たい景色が四国には溢れていた!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。