体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

見た目ではなく コミュニケーションで主張する 「介護用ロボット」

見た目ではなく コミュニケーションで主張する 「介護用ロボット」

従事者不足や負担軽減が慢性的な課題とされてきた介護現場に、テクノロジーが変化を与えようとしている。という話題は、もう数年前から耳目にしてきたことだけど、それが最近老人ホームやデイサービスといった高齢者福祉施設において、介護用ロボットとして試験的に導入がはじまっているんだそう。

腰や関節に装着して介助者を物理的にアシストするものから、人工知能搭載のボディランゲージや会話でコミュニケーションをとるタイプまで、用途に合わせてその種類はじつに豊富。なかには認知症予防の「見守り支援ロボット」なるものも。簡単なあいさつをしたり、うなずいたり、最新のものは薬の飲み忘れまで教えてくれる機能もあるんだとか。これがどう見ても愛らしい“ぬいぐるみ”だ。

映画やアニメの中にしかロボットがいなかったその昔、ぬいぐるみではないにせよ未来のロボットは、やっぱり人の姿に近いものだと想像したし、きっとこの先そこに行き着くことは間違いない。だけどよくよく考えてみれば、人間とそっくりの必要がどこにあるんだろう。

というのも、イスラエルのロボット開発業者が新たにデザインしたというこの「ELLI・Q」が、あまりにシンプルに見えたから。動物や人間に話しかけるように、自分を見守ってくれるロボットと話をしたい、高齢者のそんな気持ちも分からなくはない。だけど、こちらはディテールよりも人懐っこさで勝負にでた。

人型よりも人懐っこい
ちょっとお節介なヤツ

見た目ではなく コミュニケーションで主張する 「介護用ロボット」 あえてデザインを推しのひとつに挙げた以上、まずはそのモノ自体に注目してほしい。なんと言うかその、いっさいのムダがない。見た目ではなく コミュニケーションで主張する 「介護用ロボット」見た目ではなく コミュニケーションで主張する 「介護用ロボット」見た目ではなく コミュニケーションで主張する 「介護用ロボット」見た目ではなく コミュニケーションで主張する 「介護用ロボット」 このELLI・Q、人工知能を搭載した本体と、取り外し可能なタブレットが1ユニットになったコミュニケーションツールで、高齢者の見守りを目的とした支援型のロボットだ。会話とボディーランゲージ(とは言っても稼働域は首と左右への胴体の振りくらいなもの)、さらには光の大小で表情をつくりながら、ユーザーとのコミュニケーションを図るELLIくん(あえて親しみを込めてこう呼ぼう)だ。見た目ではなく コミュニケーションで主張する 「介護用ロボット」
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。