体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Suchmos ギターの秘訣は「弾かないプレイ」?

Suchmos ギターの秘訣は「弾かないプレイ」?
J-WAVEで放送中の番組「THE KINGS PLACE」(木曜ナビゲーター:Suchmos)。1月26日(木)のオンエアは、ベースのHSUとギターのTAIKINGの二人が登場しました。

この日は、TAIKINGのギタープレイに憧れているリスナーから「TAIKINGさんのようにギターを弾けるようになるにはどう練習したらいいですか?」という質問が届きました。

この質問に対し「俺のギタープレイを真似するんだったら、弾かないプレイっていうのを真似したほうがいい!」と答えるTAIKING。

TAIKING:一番弾くところをMAXだとした場合、そこに合わせて弾かなくすればいい! 要は引き算です。近年のギタリストはね、弾きすぎだと思うんです、僕は。そんなに弾いてたら、ギターの音なんか聴こえなくなっちゃうよって思うとこですね。

HSU:出るとこ出て、引くとこは引けと!

TAIKING:そうそう。それがギターを聴かせる秘訣ですよ。

そんなTAIKINGのギターに対して「こいつ誰かに似てるとかないんだよな〜」とHSU。TAIKINGも自分のギターを独特な視点で捉えているようで…

TAIKING:なんかね、正直ギター弾いてるって気持ちでギター弾いてない。

HSU:あ、それだね! もっと大きく見ましょう。

TAIKING:あの〜ギターはギターじゃなくて…いや、ギターはギターなんだけど。イチ楽器、です。それぐらいで思っておけば、いろいろ出てくると思う。

HSU:なるほど〜。それ、今日の取材で言ったんすか?

TAIKING:これ…今日の取材で言いました(笑)。

二人:(爆笑) 。

HSU:そんな感じだよね。さっき「ギター・マガジン」の取材だったもんね!

TAIKING:うん、さっきギタマガの取材だった(笑)。

そんなTAIKINGの引き算のギター論は、近日発売の「ギター・マガジン」で購読できるそうです(笑)。気になる方はチェックしてみてください!

さらに番組後半、サチモスのルーツをたどる名盤紹介コーナー「Suchmos The Essence」では、Jamiroquaiの「A Funk Odyssey」を紹介しました。HUSによれば、本作から参加したギタリストのRob Harrisは、引き算のギタープレイヤーとのこと。TAIKINGのプレイに重なるところがあるのだとか。TAIKINGのプレイスタイルにも影響を与えた(?)本作。こちらも、ぜひチェックを!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「THE KINGS PLACE」
放送日時:月・火・水・木曜 26時−27時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/kingsplace/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。