体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フシギ食感! ふわふわトロトロの創作大福がずらり

f:id:mesitsu_lb:20170110184535j:plain

住宅街にある和菓子のお店

平成27年の国勢調査で人口が5万人を越えて、平成30年に「市」に昇格することが確実になった福岡市のベッドタウン・那珂川町。その閑静な住宅街の一角に、お隣の福岡市や春日市だけでなく、遠方からもひっきりなしにお客さんが訪れるお店がある。

お店の名は「山月堂」

お目当ては大福。もちろん、ただの大福じゃない。オリジナルの創作大福で、とっても柔らかくて、半分にちぎろうとするとびよ~んと伸びてしまう。仕方がないので丸ごと口に入れると、ふわっふわのトロットロ! 大福でこんな食感は初めての経験だ。

定番は「プリン風カスタード大福」と「レアチーズ大福」の2種類。カスタードはほんのりした甘さにカラメルのほろ苦さが効いて、レアチーズに至ってはほとんど甘くなくブルーベリーソースの酸味が効いる。これには僕のような酒飲みでも、とりこになること間違いなし!

定番以外にも11月の「クリーム焼いも大福」ほか、「いちごみるく大福」「白桃ヨーグルト大福」「マンゴー大福」「クリームトマト大福」「リンゴヨーグルト大福」など季節商品をこれまでいろいろと出している。

f:id:mesitsu_lb:20170110184543j:plain

近くでお店らしいものといえばドライブスルーのクリーニング店ぐらいという、完全な住宅街の一角。それでも、取材中も大福目当てのお客さんが次々と来店。

f:id:mesitsu_lb:20170110184549j:plain

店内には先代の頃の看板商品だった和菓子の賞状があるのだが……。

f:id:mesitsu_lb:20170110184555j:plain

お昼過ぎですでに商品が半分ぐらいになったショーケースに入っているのは、大福と若干の洋菓子・和菓子。

f:id:mesitsu_lb:20170110184601j:plain

定番の「カスタード大福(1個 162円)」と……、

f:id:mesitsu_lb:20170110184604j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。