体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ブレイク必至!入手困難になるかも!? 2017年大注目の日本酒5選

f:id:ponparemall:20170124113722j:plain

日本酒が静かに、深く、ブームを続けています。個性的な日本酒を販売する「獺祭」「十四代」などが入手困難になる、和食がユネスコ無形文化遺産に登録され、和食にあう酒として、日本酒が世界的にも注目され、輸出量がこの10年で倍増するなど、ブームは2017年もまだまだ続きそう。そこで、日本酒を中心としたSAKEカルチャーを世界に伝えるWEBメディア「SAKETAIMES」の代表・生駒龍史さんに、2017年以降に大きく躍進することが見込まれる注目の蔵元と代表銘柄を教えてもらいました。

若き社長と若き作り手。新世代が業界を革新中。~平和酒造「紀土(KID)」

f:id:ponparemall:20170124113732j:plain

お酒の神様が鎮座する京都の「松尾大社」で開催される「酒−1グランプリ」。毎年全国から銘酒を醸す蔵元が集まり、日本酒好きの来場者が各蔵の酒を試飲。好きだと思った蔵へ一票を投票し、グランプリを決定するこの大会で2016年、40蔵、100種類の日本酒の中からグランプリを獲得したのが平和酒造(和歌山県)の「紀土」です。

「この時、平和酒造が出品した3銘柄の中で特に人気を集めたのが瓶内二次発酵の『紀土 純米大吟醸 Sparkling』です。ビールやシャンパンと同様、乾杯の酒になりうるものとして、日本酒の新たな可能性を広げたといえるでしょう。平和酒造の4代目当主・山本典正さんは、業界のオピニオンリーダー。人材派遣ベンチャー企業に勤めていた経験を活かし、渋谷などで若者向けに『若手の夜明け』『AOYAMA SAKEFLEA』などの日本酒イベントを開催しています。こうしたイベントで消費者と積極的に接点を持つなど、業界にイノベーションを起こす存在としても注目されています」(生駒さん・以下同)。若き社長のもと、平均年齢30歳という新世代の蔵人が、変化を恐れず挑戦を続けることで、日本酒と若者を繋ぐ架け橋になっているようです。

注目の1本!

f:id:ponparemall:20170124113728j:plain

「微炭酸でキリッとしたのど越し。飲みやすいだけではなく、日本酒らしさをしっかり残しているのがいいんです」

優しい甘みと舌に広がる泡の刺激が楽しい

紀土 純米大吟醸 Sparkling/720ml 2,052円

こちらも注目!

f:id:ponparemall:20170124113727j:plain

米のやわらかな旨みが心地よく、お燗にすると穏やかな味わいが広がる

紀土 純米酒/720ml 1,026円

在庫をチェックする⇒ (売り切れ中)

f:id:ponparemall:20170124113729j:plain
1 2 3 4 5次のページ
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。