体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Gacharic Spin、ライブDVD発売記念“メンバーと一緒に楽しむ「宇宙最速先行上映会」”2/19開催

Gacharic Spin、ライブDVD発売記念“メンバーと一緒に楽しむ「宇宙最速先行上映会」”2/19開催

Gacharic SpinのライブDVD「な・な・なんと7周年!!!!!!! TOUR FINAL」が、2月22日にリリースされるのに先駆け、2月19日17:00より新宿ピカデリーにて、“メンバーと一緒に楽しむ「宇宙最速先行上映会」”の実施が急遽決定した。

上映会では、本編ディスクから選りすぐった映像に加え、DVDには未収録となったここでしか見ることのできない映像を加えたスペシャルエディションが上映され、タイトルにもある通りメンバー6人もファンと一緒の空間で自分たちのライブを楽しむことになる。もちろんスクリーンに向けての声援、そしてサイリウムなどの光りモノの使用もOKとなっている。

上映終了後にはメンバーによるトークショウも行われ、ライブ本番やリハーサルで起きた裏話などファン必聴のレアトークにも期待が高まる。さらに来場者特典として、ファンにとっては貴重な「ここでしか手に入らないレアアイテム」が全員にプレゼントされる。

あわせて、ライブDVDから“見て”“聴いて”楽しむバンド・Gacharic Spinの魅力を存分に織り込んだ約3分40秒のトレーラー映像と、昨年リリースされたメジャー2ndアルバム「確実変動 –KAKUHEN-」のジャケット同様に、結成7周年にちなんだ数字の“7”をモチーフとしたDVDのジャケットも公開された。

さらに、タワーレコードチェーン/タワーレコードオンラインとAmazonでの購入者オリジナル特典「Gacharic Spin7周年ロゴステッカー」も公開となった。

Gacharic Spin メンバーコメント
2月22日発売の「な・な・なんと7周年!!!!!!!TOUR FINAL」LIVE DVDのトレーラーがな・な・なんと今日から公開になりました★
私達は、楽器隊プラスパフォーマーがいるという異色なバンドスタイルなので、映像があってこそ分かってもらえること、伝わることがたくさんあります。
少しでも気になった方は是非トレーラーをチェックしてみてください!!
だって、、、これ見たらDVDが絶対欲しくなっちゃうハズ、、(笑)
そしてなんと2月19日には“メンバーと一緒に楽しむ「宇宙最速先行上映会」”が決定!
発売前に!メンバーと一緒にDVDを映画館で観ませんか??
DVDには入ってない未公開シーンも見れちゃったり♪♪
上映後にはメンバーのトークショー、、しかも、この日来た人しかもらえない激レアなお土産を用意してますよ〜!
みんなで声を出しながら一緒に観れるのを楽しみにしてます★

Gacharic Spin ライブDVD「な・な・なんと7周年!!!!!!! TOUR FINAL」トレーラー映像

イベント情報
な・な・なんと7周年!!!!!!!〜TOUR FINAL〜 メンバーと一緒に楽しむ「宇宙最速先行上映会」
日時:2月19日(日) 16:45開場/17:00開演(19:00終了予定)
会場:新宿ピカデリー
チケット代:3,500円
Gacharic Spin オフィシャルファンクラブ「ガチャレンジャー」抽選受付(PC・スマホ・MB):https://l-tike.com/st1/gacha-movie
受付期間:1月27日(金)20:00〜2月2日(木)23:59
一般発売:全国ローソン・ミニストップ店頭「Loppi」にて2月8日(水)10:00〜
Lコード:76670

リリース情報
ライブDVD「な・な・なんと7周年!!!!!!! TOUR FINAL」
2017年2月22日

初回限定盤(2DVD)VIZL-1112 7,777円(税込)

通常盤(DVD)VIBL-831 4,000円(税込)

関連リンク

Gacharic Spin オフィシャルサイトhttp://gacharicspin.com/
Gacharic Spin オフィシャルTwitterhttps://twitter.com/Gachapin_info
Gacharic Spin オフィシャルfacebookhttps://www.facebook.com/oreoreonags

Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。