体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

立ち位置はどこ!?意外と簡単なエレベーターでの席次とマナー

毎日使える!意外と簡単なエレベーターでの席次とマナー
こんにちは!ビジネスマナーといえば、「席次」を覚えるのもそのひとつ。和室や洋室、車や新幹線など、様々なシチュエーションで気を使えるのが理想ですが、全てを実践するのは大変。また、せっかく覚えた知識も、普段から意識して使わなければなかなか身につきません。そこで今回は、とっても簡単!これだけ知っておくだけで印象がぐっとアップする、感じの良いエレベーターの席次と乗り方ついてご紹介します。

まずは上座と下座について知ろう

「上座」とは、目上の方や身分の高い方がいるべき場所。「下座」とは、逆に地位が低い方がいるべき場所、という意味です。

「お、この人、わかってるなぁー!」と思わせるためには、「入り口から遠い位置が上座、近い位置が下座」と、覚えておけばOK。とにかく、自分より立場が上の方には、奥の席をすすめれば問題ありません。

エレベーターが来たら自分から乗り込む!

マナーは、日々の生活の中で実践しながら身につけるものです。マンションやオフィス、商業施設などで、毎日のように乗るエレベーターの席次は、そんなに難しくありません。

まず、エレベーターの扉が開いたら、案内役である自分が「お先に失礼致します」と乗り込み、扉を押さえます。そして、操作盤の「開」のボタンを押します。お連れの方をお通しする際は、地位の高い方から奥へ。1番低い方は、操作盤の前に立ちます。

エレベーターでは右方上位

日本では、左右どちらか、の場合、左が上位とされますが、エレベーターは海外から来たものですので、右方上位の欧米のマナーに習い、地位の高い方の左側に自分が立つようにします。偉い人は自分の右側に!ということですね。

ですから、操作盤が左右両方にある際は、エレベーターに乗り込んだ際に右側にある操作盤の前に立ちます。

降り方にも気を使いましょう

エレベーターを降りる際は、自分からではなく、「こちらの階でございます」と一声かけ、立場が上の方や、来客者が先に降ります。操作盤の前にいる自分は、最後の方が降りるまで扉が閉まらないようにボタンを操作し、最後に降ります。ここまで出来れば合格点。明日から早速オフィスで実践しましょう!

エレベーターのボタンを押すイメージ

思いやりはお互いに

エレベーターのマナーについてはここまで。なのですが、先日私があるお客様をご案内した際に体験した、とても気持ちの良いエピソードをご紹介します。

私はご案内する側でしたので、もちろんお客様方から先に降りていただき、最後の方が降りるまで、「開」のボタンを操作していました。すると、1人のお客様が、私が降りるまでエレベーターの扉を押さえていてくださり、更に私が降りた際に、「ありがとう」と声を掛けてくださいました。マナーとは、相手への思いやり。お客様の、私への思いやりがとても伝わり、とても嬉しい体験でした。

堅苦しくて、難しいと思われがちなビジネスマナーも、大切なのはお互いに相手を気遣えるかどうか。そして思いやりの相互作用から成り立つものです。是非、自分が下座にいる立場の際も、上座にいる立場の際も、心が通い合うマナーを心がけましょう。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

いい子ちゃんはもう卒業♡今この瞬間からHAPPYになる3ステップ
ホットヨーグルトより効く!?「ホットバナナ」でおいしく美活!
人付き合いが楽になる!自然に人と仲良くなる最も効果的な方法3つ
お湯での手洗いは乾燥のもと!?原因解消で年齢に負けないしっとり手に
小顔、バストアップ、ヒップ引き締め♡美容に効くツボ集めました!

生活・趣味
美LAB.の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。