体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

隠しピンの基本的なやり方とは!?初心者でもわかるヘアピンの留め方をプロが解説

隠しピンの基本的なやり方とは!?初心者でもわかるヘアピンの留め方をプロが解説

ヘアピンの留め方のひとつ、隠しピンを知ってますか?

隠しピンの基本的なやり方とは!?初心者でもわかるヘアピンの留め方をプロが解説
ピンの打ち方のひとつに「隠しピン」があります。
「隠しピン」とは、言葉のとおりヘアピンを髪の毛の中に入れ込んで、外側から見えないように留める方法です。
上手く留められると、ピン1本でもある程度の毛量ならしっかり固定できます。
隠しピンのコツは、ピンを留める箇所にあります。
髪の毛をネジって、写真の人差し指でさしてるところにさせば、しっかり固定できます。
下の写真で、分かりやすく解説します。

 

プロ直伝!初心者でもわかる隠しピンのやり方

隠しピンの基本的なやり方とは!?初心者でもわかるヘアピンの留め方をプロが解説
① ピンを留めたいところの髪の毛を、下から上に向かってねじります。
② ピンを下から上に向かってさします。
③ 上までさしたら、ピンを反転させます。
④ ねじった芯(髪が密集している部分)にピンの向きを整えます。
⑤ 芯に向かってピンをさします。
⑥ これで、隠しピンの完成です。ピン1本でしっかり固定できます。

 

ねじった芯にピンをさすのが、隠しピンを留めるポイント!

隠しピンの基本的なやり方とは!?初心者でもわかるヘアピンの留め方をプロが解説
ピンは髪の毛がいちばん密集してる場所にさします。
写真の位置をイメージしてピンをさしてください。
毛量が多いときは、同じようにピンを複数さして固定します。逆に毛量が少ない時には、スモールピンなどに変えることで髪質に合わせれます。
隠しピンをマスターして、ヘアアレンジをさらに極めてくださいね。

美容師/河村タカシ(TAXI)

AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。