体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

安い・旨い・新鮮!冬に行きたい宮城のカキ小屋&カキグルメ!厳選13店【2017年】

松島さかな市場 焼がきハウス

宮城といえば、日本でも一、二を争うカキの名産地。そんな、寒さとともに身を太らせ甘~く、美味しくなるカキをイヤッ!という程楽しめるのが、そう「カキ小屋」です。

そこで今回は、安くて、美味しくて、新鮮なカキが揃ったカキ小屋をご紹介致します。

いづれのカキ小屋も産地に程近く、鮮度が命のカキを食すにはうってつけ!さらに、コスパがとにかく良いのが魅力♪くれぐれも食べ過ぎには注意してくださいね。

宮城には温泉もあるので、カキ×温泉の最強コンボをぜひ楽しんでください!

<宮城のカキ3大聖地>

●松島

400年以上も前からカキ養殖の歴史あり。身が締まっているのが特徴だ

●石巻

県内トップの生産量を誇るのがこちら。特に万石浦・牡鹿半島・雄勝が有名

●気仙沼

生産量こそ多くないものの、その品質の高さで近頃、株が急上昇中

1.松島さかな市場 焼がきハウス【松島】

スコップで築いたカキの山を攻めて、攻めて、攻めまくる!!

松島さかな市場 焼がきハウス松島さかな市場 焼がきハウススタッフが殻剥きまでサポートしてくれるので、ひたすら食べることに集中できるのがありがたい 松島さかな市場 焼がきハウス 松島さかな市場 焼がきハウス

「松島さかな市場」の駐車場スペースに別館として併設されたカキ小屋。焼きガキのほか、カキ飯や焼きホタテをセットにした各種定食メニュー(1200円~)も提供する。

必見!!焼がきハウスの食べ方の流れ

1.まずは入口でコースを選ぶ

まずは建物外にあるレジで、今日のメニューをチョイス。今回はもちろん「焼きガキ食べ放題」!必見!!焼がきハウスの食べ方の流れ料金は事前精算にて。これで準備万端!

2.席に着くとどっさりとカキが!

スタッフがスコップで殻付きガキをすくい、熱々の鉄板上にザラザラッと山を作る。うーん豪快。必見!!焼がきハウスの食べ方の流れこれで約一人分!!この「ザラザラ」の演出効果たるや凄いぞ

3.ふたをかぶせて待つ

ここで特注のふたで鉄板を覆い、カキを蒸し焼きにする。大体10~15分が、蒸し上がりの目安。必見!!焼がきハウスの食べ方の流れまずはドリンクでも飲んでしばし落ち着こう
1 2 3 4 5 6次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。