体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

昇降装置なしのパトカーは速度取り締まりに注意

昇降装置なしのパトカーは速度取り締まりに注意

一目で警察車両とわかる白黒パトカーでも、じつは車両によって得意とする交通取り締まりが違っています。それを見分けるポイントとなるのが、赤色灯の下に白いボックスがあるかどうか。この昇降装置なしの赤色灯を搭載したパトカーは速度取り締まりに注意が必要です。

交通パトカーと警らパトカーの違い

同じ車種の白黒パトカーでも「交通取締四輪車」と「無線警ら車」では、警察官もクルマもまったく別モノです。交通パトカーは交通取り締まり専門で、とくに速度取り締まりで力を発揮します。

一方の警らパトカーは、街中を巡回して不審な人や物を見つけて捜査することが主な任務です。とはいえ、信号無視や進行方向別通行区分違反などの現認系の交通違反で猛威をふるうこともあります。

交通パトカーと警らパトカーの最も大きな違いが、ルーフに付いた赤色灯の形状です。交通パトカーが空力特性やトップヘビーの重量バランスを考えて、ルーフに直接載っています。

警らパトカーならではの昇降装置

警らパトカーの赤色灯は、象徴ともいえる白いボックスの昇降装置付き。ルーフの上の白いボックスにはアームが収納されています。これは交通事故の処理の時など停車中のパトカーへの追突事故防止が目的です。

交通整理のほか、不審者への職務質問など路上に停車することが多い警らパトカーならではの装備といえるでしょう。ちなみに赤色灯の昇降はスイッチのほか、トランクの開け閉めで動作可能です。

なお、交通パトカーが後方からの視認性を考慮していないのは、違反車を安全な場所に誘導して停車させるから。例えば高速道路などではパーキングエリアなどへ引き込んで、キップ処理を行います。

関連記事リンク(外部サイト)

駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。