体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

強そう。マジックインキ柄マスカラ&クレンジング爆誕

強そう。マジックインキ柄マスカラ&クレンジング爆誕

往年の名作ステーショナリーとのコラボコスメを実現してきたデコラガールが、今回は1953年の発売以来超ロングセラー商品となっているマジックインキとタッグを組んで、マスカラ2種類「マジックインキ柄ロングマスカラ」「マジックインキ柄ボリュームマスカラ」と「マジックインキ柄クレンジングオイル」を発売しました!

【関連:化粧品の使用期限って知ってる?】

マスカラ2種類

パッケージはマジックインキそのもの。見た目からして、がっつりばっちりまつげをつくり出してくれるだろうことが伝わってきます。ロングとボリュームの2種類の発売がWebで先行発売されており、公式のbefore&after画像を見てみるとその威力は一目瞭然。

1ミリでもまつげを長く太くコーティングするためにこだわったブラシは短いまつげも逃さずキャッチする親切設計。さらにウォータープルーフよりもキープ力が強い成分を配合しており、油性でヨレにくくカールとボリュームを高湿度の空間でも長時間に渡って保ってくれるそうです。かつてマジックインキが「どんなものにでも書ける」と謳ったように、ダマにならず「どんなまつげにも盛れて」しまう名マスカラの誕生かもしれません。

公式はボリュームマスカラでカールキープ後にロングマスカラでまつげを伸ばす2本使いがオススメとのことで、ゴージャスかつ高濃度油性の魔法のようにとれないメイクを楽しんだ後は、まつげとお肌のことが考えつくされたクレンジングオイルでオフしてくださいね。

マジックインキ柄クレンジングオイル

1月下旬より店頭での販売も開始。お値段はマスカラがそれぞれ約7gで税抜1600円。クレンジングオイルが110mlで税抜1800円。自分用にもいいですが、プレゼントしたらアッと驚かれること間違いなしですね!

(大路実歩子)

関連記事リンク(外部サイト)

「きのこたけのこ戦争」超平和的に解決か?きのこの山VSたけのこの里立体型オセロ登場
「マジでなめんなよ」なめ猫LINEスタンプ第3弾配信開始!
約3千円のAndroid対応「マイクロスコープ」出たよ

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。