体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

あなたの本当の夢はなんですか? 悩みながら働く女性たちに勇気を与える世界的ベストセラー

あなたの本当の夢はなんですか? 悩みながら働く女性たちに勇気を与える世界的ベストセラー

この『幸福を見つける20のレッスン 本当のわたしを取り戻す12ヶ月』は、フランスで40万部突破、台湾では12週連続1位、世界30カ国でベストセラーとなった本です。

自己啓発書にも思えるようなタイトルですが、本書は小説。忙しない今の世の中で、本当に大切なものって一体なんだろうと悩む女性の心に響くストーリーが込められています。

■母の遺言は「14歳のときに書いた『ライフリスト』を終わらせなさい」

主人公・34歳の女性であるブレットは、大好きな母をがんで亡くしてしまいます。母が経営していた会社のCEOを任されるものだと思っていた彼女でしたが、母の遺言は思いもよらぬ内容でした。

それは、会社の全株式、最高経営責任者の肩書は、義理の娘であるシャスリンに譲るというもの。そして、ブレットには、彼女に向けた別の遺言がありました。

ブレットが14歳のときに書いていた自分の人生の目標「ライフリスト」を完全に終わらせるように、というものです。

彼女が作った「ライフリスト」は20個。

1、子供をもつ。できればふたり

2、ニック・ニコルとキスする

3、チアリーディングチームに選ばれる

4、オールAをとる

5、アルプスでスキーをする

6、犬を飼う

7、シスター・ローズに指されたら正しい答えを言う、そしてキャリーに話をする

8、パリに行く

9、キャリー・ニューサムとずっと友だちでいる!

10、ノースウエスタン大に入る

11、親切ないい人になる

12、貧しい人を助ける

13、すごくすてきな家に住む

14、馬を買う

15、牛追い祭りに参加する

16、フランス語を学ぶ

17、恋に落ちる

18、大舞台に生出演する

19、お父さんと仲よくする

20、すばらしい教師になる

■子どもの頃の夢にチャレンジするのに年齢は関係ない

母は、ブレットがゴミ箱に捨てたこのリストを拾い、彼女が目標を達成するたびにリストの項目に線を引いていました。

しかし、34歳になった今でも達成されていない目標が10個あります。そこで、母は、「ブレットに1年以内に、『人生の目標』のリストをすべて終わらせるように」と遺言していたのです。

ひとつ目標達成するごとに、母からの封筒をひとつ受け取れることになっており、10個目標を達成したら、莫大な遺産を相続できるという仕組みでした。

最初は遺産目当てだったブレット。でも、目標をクリアしていくことで、次第に忘れていた自分の夢を思い出していきます。

彼女は、遺言状を読むまでは、母の経営する会社になることが目標だと思っていました。しかし、心の底にあった本当の夢は、14歳のときに書いた人生の目標「すばらしい教師」になることでした。

母の言葉に勇気づけられ、本当の自分を取りも出そうと挑戦する。そんなブレットの姿に共感を抱かずにはいられません。

子どもの頃に思い描いた夢はありますか? この本を通して思い出してみるのもいいのかもしれません。

(新刊JP編集部)

【関連記事】

元記事はこちら

三日坊主の原因は自分でなく他人 その意外な理由

外資・多国籍企業経験者が語る ビジネス英語習得の最短ルート

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。